テーマ:

『東京地理入門』。

東京地理入門: 東京をあるく,みる,楽しむ - 俊夫, 菊地, 洋, 松山 小学校の時に社会で、居住しているところの地理・歴史等を学びましたが、 その土地がふるさとという認識を持っている人でないと、あんまり意味ないよなぁ…と思ったりしておりました。 生まれてこの方ずっと賃貸住まいだと、ふるさと、って感覚がないん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『幸福感に関する生物学的随想』。

幸福感に関する生物学的随想 (祥伝社新書) - 本庶 佑 ノーベル生理学・医学賞受賞者、本庶佑氏のノーベル賞受賞記念講演をはじめとする、エッセイを楽しみました。 幸運な偶然による発見というのもあるのでしょうが、 目的を持って課題に挑み続けるということの重みを感じます。 まあ、基礎科学は課題が何であるかが良くわから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新種の発見』。

新種の発見-見つけ、名づけ、系統づける動物分類学 (中公新書 2589) - 岡西 政典 生物の新種がいかにして「発見」されるのか、を通じて、 動物分類学の現在を垣間見る一冊。 学名が二つの単語によって記されるルールがあるとか、 サザエの学名が確定したのが今世紀に入ってからとか、 知らないことを山ほど学びま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『魯山人の和食力』。

魯山人の和食力 - 北大路魯山人 昭和のグルメ王?魯山人のエッセイをまとめた一冊。 毀誉褒貶相半ばする魯山人の トゲがありながらも的確に真髄をつく文章を味わえます。 まあ、 時代も時代ですし、 良いんじゃないかなぁ・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『知的障害/発達障害のある子の育て方』。

知的障害/発達障害のある子の育て方 (健康ライブラリーイラスト版) - 徳田克己, 水野智美 子どもへの対処はもちろん、 行政・医療機関の相談先についての紹介など、 わかりやすく課題に答えてくれる一冊。 入り口の本としては良いと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一汁一菜でよいという提案』。

一汁一菜でよいという提案 - 土井 善晴 料理研究家の土井善晴氏による、食、にとどまらない、人生の歩み方についての提案。 最近、ちゃんと味噌汁を作っていないなぁ、とか、 余計なモノを食べ過ぎているなぁとか、 些末なことに右往左往しすぎだなぁ・・・とか、 自省のきっかけになる一冊。 明日は、美味しい味噌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『いま、地方で生きるということ』。

最近、とんと話を聞かなくなった地方創生のお勉強、というわけではありませんが、 地方で目を見張る活動する人たちに焦点を当てた一冊。 増補新版 いま、地方で生きるということ (ちくま文庫) - 西村 佳哲 この本のポイントは、地方創生の文脈のように、働く場所を地方に求める、というより、まさにタイトル通り「生きる」ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『震災と行方不明』。

ニュース等では、死者・行方不明者と一緒くたに扱われることが多いのですが、当事者にとっては大きな違いであること、 また、目の前に暮らしていた場所があるにもかかわらず、元の暮らしに戻ることができない状態が継続していることをいかに受け止めるかということ、 など、「曖昧な喪失」について、具体的なケースに即しながら記述された一冊。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『木造駅舎紀行 200選』。

廃線も含めた木造駅舎を200紹介した一冊。 トップは原宿駅ですが、今年をもって姿を消します。 旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選 - 杉﨑 行恭 国立駅が復活したという話もありましたが…。 一方で、北海道には小柄ながら魅力的な駅舎が数多く残っています。ただ、廃船の方が多いかも…。 道の駅ができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『被災記憶と心の復興の宗教社会学』。

大地震をはじめとする大惨事により多くの人命が失われたあとで、その記憶を誰がどのように継承していくのか、宗教組織がどのような役割を果たすのか、を勉強。 被災記憶と心の復興の宗教社会学――日本と世界の事例に見る - 三木 英, 三木 英 日本と他国との比較も興味深いですが、 必ずしも被害の大きさ=継承される年月が比…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『危機対応の社会科学・上』。

社会のあらゆる危機について、思想史レベルの話から、具体的な危機への対応までを、まとめた一冊。 各分野のオムニバスとなっているので、全体を通じた、統一感は余りありませんが、 それぞれの著述は興味深いものです。 危機対応の社会科学 上: 想定外を超えて (危機対応学) - 東大社研, 玄田 有史, 飯田 高 非常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『すぐ吞み』。

お酒のおつまみのお勉強。 すぐ呑み つまみと酒122 - 葉石 かおり さっとできるものから手の込んだものまで色々と並んでおります。 気になるものも多々ありましたが、実践できるかなぁ?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『サケをつくる人びと』。

酒ではなく鮭のお勉強。 中でも古来より日本人に愛されてきたシロザケについて、種苗放流の歴史や遠洋漁業規制の流れ、地域の文化との関わり等が幅広く記述されています。 特に岩手・宮古の津軽石の歴史が詳述されています。 サケをつくる人びと: 水産増殖と資源再生 - 福永 真弓 シロザケを初めとする鮭がどれだけ日本人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『旅酒』。

「旅酒」銘柄で、47都道府県それぞれ限定のお酒をめぐるスタンプラリーのガイドブック・スタンプ帳。 旅酒-47都道府県 旅と酒のガイドブック- - 旅酒 日本酒蔵の会 日本酒を中心に、梅酒、ウイスキー、焼酎、泡盛と各地のお酒が楽しめるようです。 全国隅々まわらなくてはいけないので、かなり壮大で難易度の高いスタンプラリー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『福島で酒をつくりたい』。

浪江で被災した磐城壽の蔵元、鈴木酒造店の物語。 先日飲んだ磐城壽アカガネがかなり美味しかったので、勉強してみることにしました。 福島で酒をつくりたい: 「磐城壽」復活の軌跡 (934) (平凡社新書) - 敏彦, 上野 若手の蔵元兄弟(といっても、私と同世代ですが…)が葛藤しながらも浪江の請戸で再び酒造店を立ち上げるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『武蔵の酒蔵めぐり。』。

埼玉の酒蔵を紹介した一冊。 量産している蔵もあるので、意外にも醸造量は多い埼玉ですが、 秩父とか蓮田とか、良いお酒も一杯あります。 おとりよせよりおでかけ 武蔵の酒蔵めぐり。 蔵見学、試飲、直売所限定酒、酒蔵料理、埼玉の酒蔵が旨い。 (一般書) - おでかけNA埼玉制作班 山﨑美奈子 蓮田の某蔵は掲載されていませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本酒の起源』。

文献や現代に残る痕跡をたどりながら 我が国における酒造草創期に迫る一冊。 日本酒の起源:カビ・麹・酒の系譜 [新版] - 上田誠之助 口噛み酒、芽米酒、餅麴など、日本では衰退していった酒造法についても、丁寧に検証しています。 口噛みの酒の分布と縄文人・弥生人の分布との対比をはじめ、 お酒の歴史をひもとく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『理由ある反抗』。

親業の概説書で、『親業』を復習。 理由ある反抗―子どものホンネを見のがさないために 内容はほとんど『親業』のまま。 具体例が日本の場合が入ったりしていますが、 基本的な構造は踏襲しています。 筆者は、日本における「親業」の権威。 Parent Effectiveness Trainingの訳が「親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『親業』。

子どもの思考力を伸ばす親子関係を気づくためのコミュニケーション方法のお勉強。 親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方 古典的名著ですし、 有効な手法だとは思いますが、 実践は中々難しそうです。 まあ、やってみないことには始まりませんが…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『酒造りの歴史(普及版)』。

酒造りの歴史を近世の伊丹・灘の酒造りを中心に、 古文書をひもときながら詳述した一冊。 酒造りの歴史 酒造技術そのものだけで無く、 酒蔵経営にまで踏み込んでいるのが興味深いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『青森県の歴史』。

青森県の歴史を再度お勉強。 青森県の歴史 (県史) いずれの政権から距離があるためか、 時代の流れをつかむのに苦労している歴史だなぁ、なんて思ったり。 でも、じょっぱりの気概は昔からのようですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『震災復興と展望』。

有斐閣のシリーズ被災地から未来を考えるの第3巻。 東日本大震災から8年半が過ぎ、これまでの復興事業について批判的に振り返った一冊。 震災復興と展望 -- 持続可能な地域社会をめざして (被災地から未来を考える(3)) 批判ごもっともなところも多いのですが、 それでは、学問的にどのように現実的で建設的な議論が展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『テーマパーク化する地球』。

高校3年生の時に某大手予備校に通っていた頃から一方的にお世話になっている東浩紀氏の最新刊。 最近は、もっぱら、氏の書籍やSNSを通じて、ですが…。 本書のタイトルにもなっている小論ほか、 震災後から今年に至るまでの氏の様々な言説が掲載されています。 テーマパーク化する地球 (ゲンロン叢書) 経営者と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『新編八戸市史 通史編Ⅰ 原始・古代・中世』。

八戸市が編纂した最新の八戸市史。 都立中央図書館で見つけました。 縄文時代の隆盛期は是川遺跡をはじめ、文化財が多く点在。 そこからしばらくは大和政権下の日本国にどのようにして編入されていくかが綴られています。 また、その過程の中で、糠部(ぬかのべ)と呼ばれていたこの辺りが、 一戸~九戸の行政区分が建置された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『驚くべき日本美術』。

美術史家(というだけではその活躍の場を表しきれませんが…)の山下裕二氏が、日本美術をどう評価しているのかを対談を通じてわかりやすく解説した一冊。 ジャーゴン多用に陥ること無く、平易に解いてくれているので読みやすいです。 驚くべき日本美術 (知のトレッキング叢書) 本書にも記述がありますが、 西洋美術史における…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『水玉の履歴書』。

水玉模様のカボチャなどで有名な草間彌生氏の自伝的な一冊。 コンパクトに、しかし、本質的に、草間彌生氏のアートの根源に迫っています。 水玉の履歴書 (集英社新書) 100年、200年先を見据えた作品を造るべく、今も現役で闘っている姿は、驚異です。 すごいなぁ…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりちゅうで有栖川定食(境港産ハタハタの唐揚げ)。

久しぶりに東京都立中央図書館へ。 ちょっと遅めのお昼を5階のカフェテラスへ。 あんなことやこんなことなどの思い出?が詰まった場所ですが、日本各地、世界各地の食材・郷土料理が楽しめるちょっと良い感じの場所になっていました。 眺望は随分変わりましたねぇ…。 手前のテニスコートだけは相変わらずで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『熊谷守一』。

複数回熊谷守一展を企画した岐阜県美術館の元館長がまとめた熊谷守一評伝。 仙人としてある意味神聖化された熊谷守一の実像を様々な角度から探った一冊。 熊谷守一:目に見えないものを (ミネルヴァ日本評伝選) 仙人とは思えぬほどの人間くさい一面(というか多面)を見た後で、絵を見返してみると、更に一層興味が湧きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『平将門と天慶の乱』。

伝説の多い歴史上の人物、平将門。 今から想像する以上に、古代社会を揺るがした人物のようです。 単なる東国の兵ではなく、 京に太いパイプを持っていた人物。 将門の合戦を追うことで、彼の行動の動機、目指していたものをすこし勉強してみました。 平将門と天慶の乱 (講談社現代新書)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more