『日本人と山の宗教』。


山にこもって修行をする修験道。

何となく、日本特有で、現世から隔絶された苦行のようなイメージですが、

実態を丁寧に資料に基づきたどる一冊。

日本人と山の宗教 (講談社現代新書) - 菊地 大樹
日本人と山の宗教 (講談社現代新書) - 菊地 大樹

中国の影響はもちろん、

現世、特に時の権力者や周辺住民との密接な関係があり、

時代の流れによって、随分とその性格が変わってきているようですね。