結の生酒の熱燗。

水戸駅構内のミルクスタンド(日本酒立ち呑みバー)ミルスタ

DSCPDC_0000_BURST20191127204340934.JPG

のお燗をもらって、帰りの特急でいただきました♪。

味処大森で戦車丼とどぶ汁。

大洗のいわし料理のお店、味処大森

残念ながら、海が時化ていたため、いわしの入荷は無く、他の魚で代用されていましたが、お刺身の盛り合わせは中々のボリューム。

DSC_1072.JPG

もう一つの名物しらすを使ったしらす焼きはお好み焼き的な?不思議な風味。でも、お酒によく合います。

DSC_1075.JPG

で、あんこうのどぶ汁の前に、戦車丼。

DSC_1076.JPG

魚介類だけでは無く、豚の竜田揚げも盛り込んでいて、結構良い感じです。

で、本題のどぶ汁。

DSC_1078.JPG

完全無加水ではなく、出汁で煎った肝を伸ばしながら味噌味で仕立ててくれます。

DSC_1079.JPG

やはり合わせるお酒は大洗の地酒、月の井。

DSC_1080.JPG

どぶ汁があってこそ栄えるお酒です。

こちらのお店は、知波単の細見氏がまもっていました(^^)。

DSC_1082.JPG

各キャラクターとお店には、ストーリーがあるようですが、こちらはどういう繋がりがあるのかしらん?

ガルパンまみれの大洗駅。

久しぶりに大洗駅を訪れてみたら、キャラクターが増えていました。

DSC_1085.JPG

最終章第2話公開を受けて、と言うことでしょうか…。

DSC_1087.JPG

スマホゲームとのコラボもしっかり。

DSC_1097.JPG

DSC_1098.JPG

DSC_1099.JPG

DSC_1091.JPG

DSC_1096.JPG

DSC_1089.JPG

DSC_1088.JPG

DSC_1070.JPG

DSC_1095.JPG

DSC_1098.JPG

DSC_1093.JPG

DSC_1092.JPG

DSC_1094.JPG

DSC_1090.JPG

ファンを飽きさせない仕掛けがそこら中で行われていますね。

大洗磯前神社(聖地巡礼?)。

大洗磯前神社。

ここもガルパンの聖地の一つです。

DSC_1069.JPG

ここの石段を下るのは無理だろうなぁ…と思いながらも、映像で見るとできそうな気もしてくるから不思議です。

DSC_1066.JPG

境内には大きな絵馬が。

DSC_1068.JPG

延喜式内社の由緒正しいお社ですが、

柔軟さを兼ね備えているようです。

かねふくめんたいパーク。

大洗漁港そばのかねふくのめんたいパーク。

工場が稼働しているときに北野は初めてかもしれません。

DSC_1064.JPG

想像以上に多くの従業員の方が、明太子の箱詰め作業を丁寧に進めていました。


これだけ手間暇掛ければ、それなりのお値段がするのも納得です。

水戸駅前。

久しぶりに北口のご老公ご一行様に挨拶。

DSC_1061.JPG

水戸提灯がかかげられた休憩スペースもできていました。

DSC_1059.JPG

南口には納豆のモニュメントも。

DSC_1062.JPG

水戸の納豆の由来が、以外にも古いことに少し驚きました。

DSC_1063.JPG

きき酒倶楽部 縁結び。

歌える和酒スナック?縁結び

DSC_1043.JPG

田子町、盛岡市出身の方も働いていらっしゃって、青森県内の事情を色々とお聞きしながら、楽しくお酒を頂きました♪。

DSC_1045.JPG

青森、中々ディープです。

DSC_1044.JPG

青森・入ます亭。

青森の入ます亭



DSC_1032.JPG

新鮮な魚介類をたっぷり頂ける名店です。

DSC_1034.JPG

なまこがこりこりしていてとても美味しい…。

DSC_1036.JPG

牡蠣も新鮮です。

DSC_1038.JPG

お刺身はタコの美味さに感激。

DSC_1035.JPG

鱈のじゃっぱ汁も寒い夜には身体に染み渡ります。

DSC_1039.JPG

店内のカウンターにはこれでもかというお魚さんの列。

DSC_1040.JPG

お任せコースで散々食べて、散々飲んでも5000円というのは、

青森、中々やるな…。