アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Exit, Voice, and Loyalty
ブログ紹介
気ままに暮らす旅好き酒好きの日常・非日常をつらつらとかきとめてみました
いつまで続くか分かりませんが
宜しくお願いします
zoom RSS

『江戸の居酒屋』。

2017/10/15 07:30
幻の日本酒を飲む海でご一緒させて頂いている伊藤さんの最新作、『江戸の居酒屋』。


江戸の居酒屋 (歴史新書)
洋泉社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 江戸の居酒屋 (歴史新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本酒の歴史をおさらいした上で、

天皇から庶民までの江戸時代の酒飲み事情を詳しくひもといた一冊。

江戸時代に思いをはせつつ、一献傾けたくなります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『破局論』。

2017/10/15 07:15
地震や戦争、流行病などが西洋近代思想史、政治史に及ぼした影響について、

いくつかの例をピックアップしながら論じた一冊。


破局論
青土社
飯島洋一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 破局論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



通常の歴史の勉強の中では、中々スポットが当たりにくい、その時代の雰囲気みたいなものが詳述されており、

読み応えのある一冊でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新政No.6 R-type 2015。

2017/10/11 23:01
秋田・新政のNo.6のR−typeの2015BY版。

2夏越していますが、

若々しいピチピチしたフレッシュ感は残っています。

画像


画像


それでいて、落ち着きも出ているので、飲みやすくなってますねぇ♪。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京の春特別純米無濾過生原酒。

2017/10/11 22:58
季節はすっかり秋ですが、

お酒は春、ということで、京都・伊根の向井酒造の京の春。

画像


味わいしっかりですが、

重たくなく食事によく合うお酒です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『震美術論』。

2017/10/09 22:31
現代美術評論家の椹木さんの新著、『震美術論』。

タイトルの通り、東日本大震災の衝撃に触発されながら、美術史にとっての「悪い場所」である日本について、改めて論じた一冊です。


震美術論 (BT BOOKS)
美術出版社(2017/09/1)
2017-09-06
椹木野衣=著

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 震美術論 (BT BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



一部、個人的に残念だなぁと思うところはありましたが、椹木氏の著作はわかりやすいですし、興味深く見ていますので、今回も、震災後のアーティストの現状のとらえ方(再構築?)が垣間見られたような気がします。

いろいろと勉強になりましたが、気仙沼のリアスアークミュージアムには行かなくちゃ、と思い直しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『「復興」が奪う地域の未来』。

2017/10/09 22:25

原発事故対策をはじめとする復興政策全般に対して批判的に論じた一冊。





原発事故に対する認識というのはそんなに違わない気もするのですが、

具体的な対応策になると、考え方にかなり隔たりが出てくるような気がします。


東京生まれ東京育ちのぬるま湯で育った身としては、

また、その中でも、居住先を転々としましたし、

ふるさとなんてものはそもそもない者としては、

頭では理解できても、体感としてはどうしてもわかりかねぬ面もあるのは事実です。

が、

制度の批判をする際には、

制度をもう少し掘り下げて調べておかないと、簡単に反論されますし、

それが官僚的だなんだということは簡単ですが、法治国家としてはそれを前提としたうえで、さらに上回る論拠が提示できないと説得力が欠けるものだと思います。

とはいえ、

そういう視点が提示されることにより、制度の見直しのきっかけになることは事実ですし、

荒い議論でもどんどんしてもらえればいいと思ったりました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


珠洲のお酒、宗玄。

2017/10/08 22:32
画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Exit, Voice, and Loyalty/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる