テーマ:

千代むすび強力純米大吟醸&鳴門鯛阿波山田錦純米吟醸。

正月休みのアディショナルタイム。 昼間からお酒をたしなみました。 鳴門鯛の純米吟醸。 味わいしっかり乃美味しい一本。 千代むすび強力純米大吟醸は、優しい口当たりに広がる香り、最後にグッとくる旨味。 強力のお酒はやっぱり好きです。 個人的には、多分、雄町以上…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚でやるなら日高見だっちゃ。

石巻の日高見。 蔵元で買ってきた純米酒はラベルの通り魚によく合います。 焼き魚が美味しそうかな?とは思いましたが、今回はマグロの刺身で。 マグロの脂をスッキリ流してくれる美味しい一本です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年最後の太閤。

12月30日に2019年最後となる太閤訪問。 リニューアル後は初めて伺いました。 スタートは岐阜のお酒2酒。 牡蠣1ヶ100円(12個で1000円)なので、生牡蠣をたっぷりと。 高知の豊能梅と千葉の総乃寒菊も良い感じでした。 お陰様で2019年も1年を無事締めることができまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅籠で一息。

いつもの旅籠で少々。 ちょっと変わったお酒に、 骨太なお酒で一時を過ごしました♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二週連続の和バル処えんじ。

2週続けて和バル処えんじへ。 冷たいお酒で滋賀の北島と福島の奈良萬、お燗で石川の益荒男を頂きました。 台風の影響で福島県内の酒蔵が軒並みピンチになっていると聞いて、ちょっと心配。 飲んで応援、だけで良いんだろうか…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『酒造りの歴史(普及版)』。

酒造りの歴史を近世の伊丹・灘の酒造りを中心に、 古文書をひもときながら詳述した一冊。 酒造りの歴史 酒造技術そのものだけで無く、 酒蔵経営にまで踏み込んでいるのが興味深いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和バル処えんじ再訪。

高田馬場の和バル処えんじを再訪。 深夜日が変わる直前に入店して、1時過ぎまで滞在。 今日は一日沢山飲みました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の日本酒を飲む会第574回@湯島・飛鳥。

久しぶりに幻の会に参加。 今回はアラカルトで24種類のお酒を頂きました。 乾杯は香露の大吟醸、越乃寒梅の大吟醸。 前半は西日本中心に9酒。 開運、君盃、有磯・曙、小左衛門、酒一筋、寒北斗、羽根屋、萩乃露、月山。 酒一筋のパンチが印象的。 後半は東日本中心に13酒。 まんさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙臺驛日本酒バルぷらっとで2せんべろ。

仙台駅の中の仙臺驛日本酒バルぷらっと。 前から気にはなっていましたが、入店は初めて。 おつまみは結構美味でした。 今回は新幹線の時間までのつなぎ、でしたが、今度はじっくり入ってみたいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千代むすび純米吟醸強力。

境港の地酒、千代むすび。 鳥取お酒と言えば強力米を使ったお酒です。 10数年前に鳥取でいなば鶴純米大吟醸強力を飲んで以来、日本酒に魅せられるようになったので、 今でも強力を使ったお酒は身体に合っています。 今日はちょっと飲み過ぎました(^^)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超ご無沙汰の角打ち鈴傳。

夕方の時間に四ッ谷に行く機会があり、 超久しぶりに鈴傳の角打ちへ。 呉春の燗と冷や奴の組合せ。 相変わらず、たばこの煙が充満する店内で、昭和の雰囲気を味わいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結の生酒の熱燗。

水戸駅構内のミルクスタンド(日本酒立ち呑みバー)ミルスタ。 結のお燗をもらって、帰りの特急でいただきました♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

味処大森で戦車丼とどぶ汁。

大洗のいわし料理のお店、味処大森。 残念ながら、海が時化ていたため、いわしの入荷は無く、他の魚で代用されていましたが、お刺身の盛り合わせは中々のボリューム。 もう一つの名物しらすを使ったしらす焼きはお好み焼き的な?不思議な風味。でも、お酒によく合います。 で、あんこうのどぶ汁の前に、戦車丼。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きき酒倶楽部 縁結び。

歌える和酒スナック?縁結び。 田子町、盛岡市出身の方も働いていらっしゃって、青森県内の事情を色々とお聞きしながら、楽しくお酒を頂きました♪。 青森、中々ディープです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森・入ます亭。

青森の入ます亭。 新鮮な魚介類をたっぷり頂ける名店です。 なまこがこりこりしていてとても美味しい…。 牡蠣も新鮮です。 お刺身はタコの美味さに感激。 鱈のじゃっぱ汁も寒い夜には身体に染み渡ります。 店内のカウンターにはこれでもかというお魚さんの列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本酒学研究会発足記念コンファレンス。

新潟大学を拠点として発足したばかりの日本酒学研究会のコンファレンスに参加。 研究・醸造・販売の専門家の話をまとめてお聞きする貴重な機会でした。 パネルディスカッションは、・・・がぐだぐだでしたが、各パネラーがいい話に結びつけてくれていて、結果として充実した内容となっていましたし、すぐ日本酒が吞みたくなりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千代むすび純米 鳥系105号。

境港の銘酒、千代むすび。 強力をベースに新しく育種された新しい酒米、鳥系105号で醸された純米酒。 強力系と言うこともあってか、しっかりとした味わいを感ずることができます。 燗がいいですねぇ♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本橋ベったら市2019。

日本橋の秋祭り、べったら市。 今年は両日とも週末なので、早い時間から賑わっています。 佐々木酒店さんがDALIA食堂で出していたお酒は京都白木久のChimera(キメラ)。 3酒の麴が使われているようです。 だから、キメラなのかな? 多分。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だぢゅーロ万。

花泉のロ万。 だぢゅーロ万は落ち着いた一本。 繊細、綺麗でありながら 自己主張しすぎない旨味を感ずる だらだら飲めるお酒です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太閤で津島屋・ペペロンチーノそば・裏死神。

台風前に太閤を訪問。 美濃加茂から御代櫻の蔵元さんがいらっしゃっていたらしく、津島屋がラインナップに。 このラベルは初めて見ました。 ちなみに、蔵元はこの後、台風が迫り来る中、車で美濃加茂まで帰ったそうです。 本当にお疲れ様です。 お食事は、 季節限定のペペロンチーノそば。 生ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島のソウルフード、鳥政のもつ焼き。

最近じわじわ来ている福島の円盤餃子。 どうも、夜しか食べられないらしく、そこがいまいちメジャーになりきれない要因とか…。 今回は、餃子よりも知られていないであろう、福島のソウルフード、鳥政のもつ焼き。 大量の野菜ともつ。 もつ鍋のように、野菜から水が出てしんなりするまでじっと我慢。その後一気にかき混ぜて頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歡の季でゆったり。

国分町の歡の季でちょっと贅沢な時間。 丁寧なお仕事のお料理と店主厳選のお酒を堪能しました。 幸せな気持ちになります♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀地酒の祭典in東京。

有楽町の交通会館で開催された滋賀地酒の祭典。 くどい?お酒が多い印象の滋賀酒ですが、 全般的に素直に美味しいお酒が多かったような気がします。 販路を広げるためには、鮒寿司に合わせたお酒ばかり、と言うわけにはいきませんからねぇ…。 ちなみに、交通会館12階からは東京駅がよく見えました(^^)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一関の名居酒屋、こまつ。

一関の名居酒屋、こまつ。 地元の野菜と三陸の魚介類、そして多様なお酒を楽しめる名居酒屋です。 焼きなすはジューシーな絶品。 刺身の盛り合わせはいずれも新鮮で美味しいです♪。 地元一関のお酒、岩手県のお酒を中心に全国の銘酒が楽しめます。 冷たいトマトの煮物は想像以上に美味。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more