テーマ:

『すぐ吞み』。

お酒のおつまみのお勉強。 すぐ呑み つまみと酒122 - 葉石 かおり さっとできるものから手の込んだものまで色々と並んでおります。 気になるものも多々ありましたが、実践できるかなぁ?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『旅酒』。

「旅酒」銘柄で、47都道府県それぞれ限定のお酒をめぐるスタンプラリーのガイドブック・スタンプ帳。 旅酒-47都道府県 旅と酒のガイドブック- - 旅酒 日本酒蔵の会 日本酒を中心に、梅酒、ウイスキー、焼酎、泡盛と各地のお酒が楽しめるようです。 全国隅々まわらなくてはいけないので、かなり壮大で難易度の高いスタンプラリー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『福島で酒をつくりたい』。

浪江で被災した磐城壽の蔵元、鈴木酒造店の物語。 先日飲んだ磐城壽アカガネがかなり美味しかったので、勉強してみることにしました。 福島で酒をつくりたい: 「磐城壽」復活の軌跡 (934) (平凡社新書) - 敏彦, 上野 若手の蔵元兄弟(といっても、私と同世代ですが…)が葛藤しながらも浪江の請戸で再び酒造店を立ち上げるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさびさの魚金で一服。

今年初めての魚金訪問。 今日はお酒、と言うより、お刺身中心。 季節の山菜天麩羅も絶品。 お酒は尾瀬の雪どけと京の春。 1時間少々で大満足です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見ロ万♪。

花泉の蔵元が醸すロ万。 今回は春先の季節限定酒、花見ロ万。 低アルコール(13度)の軽やかな一本です。 今年の花見は、屋内でTV、モニター、心の窓を通じてかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥八仙20周年記念酒。

写真を撮り忘れましたが、いちご煮を食べたので、八戸のお酒で合わせてみました。 ちょっと前に陸奥八仙の蔵元を見学した際のお土産の一本。 20周年記念酒のようですが、漆黒の瓶・ラベルに八仙の文字が栄えます。 程よい発泡感が残っていて、1年以上経っているとは思いますが、フレッシュさと落ち着きを兼ね備え、個人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜のお酒3酒@太閤。

今週も太閤にお邪魔。 射美をはじめ、岐阜のお酒が結構充実してました。 まずは射美の王道から。 甘いお酒です。 で、わらやきのタタキ。 ジューシーで美味しいです。 ホワイト射美は久しぶり。 酸味は穏やかかな(^_^。 津島屋外伝は種類が増えてました…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAITTINGER。

20年近く前に、 生まれて初めて行ったシャンパーニュのCAVE、TAITTINGER。 オーソドックスで美味しいシャンパンです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やれば出来る桂利奈。

決してガルパンのキャラクターではなく、 大洗の月の井の蔵元が醸しているお酒。 同町内の大久保酒店のみで販売しています。 月の井らしい スッキリとした味です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『武蔵の酒蔵めぐり。』。

埼玉の酒蔵を紹介した一冊。 量産している蔵もあるので、意外にも醸造量は多い埼玉ですが、 秩父とか蓮田とか、良いお酒も一杯あります。 おとりよせよりおでかけ 武蔵の酒蔵めぐり。 蔵見学、試飲、直売所限定酒、酒蔵料理、埼玉の酒蔵が旨い。 (一般書) - おでかけNA埼玉制作班 山﨑美奈子 蓮田の某蔵は掲載されていませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磐城壽アカガネ。

浪江の請戸から山形へ移転した磐城壽。 純米酒アカガネは熟成酒です。 雄町を贅沢に使っていることもオマチストとしては嬉しい限り。 心地よい熟成香で安らぐ一本です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太閤で一杯。

コロナが怖い昨今ですが、 久々の太閤で一杯(たっぷり)頂きました。 ごちそうさまです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本酒の起源』。

文献や現代に残る痕跡をたどりながら 我が国における酒造草創期に迫る一冊。 日本酒の起源:カビ・麹・酒の系譜 [新版] - 上田誠之助 口噛み酒、芽米酒、餅麴など、日本では衰退していった酒造法についても、丁寧に検証しています。 口噛みの酒の分布と縄文人・弥生人の分布との対比をはじめ、 お酒の歴史をひもとく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土びんですねヒラメ刺身&あんこう鍋。

大洗駅からゆっくり歩いて30分くらいのところにある土びん。 この時期の旬の平目とあんこうを頂きました。 平目はぷりぷりで肉厚。 あんこう鍋は濃厚です。 雑炊も美味かった~♪。 お酒も月の井はもちろん、県内・全国のお酒が充実しています。 ごちそうさまでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白隠正宗誉富士純米酒。

静岡の酒米、誉冨士にこだわる沼津の酒蔵、高嶋酒造。 魚によく合う美味しいお酒です。 純米酒は、飲み飽きしない風味。 夕飯によく合います(^^)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いな穂のせりしゃぶ(三浦農園ではない…)。

今シーズンもいな穂に来ることができました♪。 まずは宮寒梅のしぼりたてうすにごり。 若々しいフレッシュな風味。 炭酸のピチピチ感も程よく残っていて最高です。 おつまみはほっきの汐焼。 肝の辺りがたまらなく美味いです。 萩の鶴はこたつねこラベルで。 こたつに入ってテレビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第575回幻の回@鳥つね自然洞。

令和2年最初の幻の日本酒を吞む会は、末広町の鳥つね 自然洞で、圓馬師匠の落語を聞いた後に、 越乃寒梅を吞みながら鳥料理を満喫。 今年も非売品を頂くことができました。 ここの親子丼は絶品。何が違うのでしょうか…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春鴬囀・生酒原酒。

山梨の萬屋醸造の春鶯囀の生酒。 春鶯囀のお酒というと、落ち着いたどっしりしたイメージが強いのですが、 生酒と言うこともあって、すこし艶やかな感じのお酒でした。 燗酒でもまあまあイケました♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千代むすび強力純米大吟醸&鳴門鯛阿波山田錦純米吟醸。

正月休みのアディショナルタイム。 昼間からお酒をたしなみました。 鳴門鯛の純米吟醸。 味わいしっかり乃美味しい一本。 千代むすび強力純米大吟醸は、優しい口当たりに広がる香り、最後にグッとくる旨味。 強力のお酒はやっぱり好きです。 個人的には、多分、雄町以上…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚でやるなら日高見だっちゃ。

石巻の日高見。 蔵元で買ってきた純米酒はラベルの通り魚によく合います。 焼き魚が美味しそうかな?とは思いましたが、今回はマグロの刺身で。 マグロの脂をスッキリ流してくれる美味しい一本です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年最後の太閤。

12月30日に2019年最後となる太閤訪問。 リニューアル後は初めて伺いました。 スタートは岐阜のお酒2酒。 牡蠣1ヶ100円(12個で1000円)なので、生牡蠣をたっぷりと。 高知の豊能梅と千葉の総乃寒菊も良い感じでした。 お陰様で2019年も1年を無事締めることができまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅籠で一息。

いつもの旅籠で少々。 ちょっと変わったお酒に、 骨太なお酒で一時を過ごしました♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二週連続の和バル処えんじ。

2週続けて和バル処えんじへ。 冷たいお酒で滋賀の北島と福島の奈良萬、お燗で石川の益荒男を頂きました。 台風の影響で福島県内の酒蔵が軒並みピンチになっていると聞いて、ちょっと心配。 飲んで応援、だけで良いんだろうか…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『酒造りの歴史(普及版)』。

酒造りの歴史を近世の伊丹・灘の酒造りを中心に、 古文書をひもときながら詳述した一冊。 酒造りの歴史 酒造技術そのものだけで無く、 酒蔵経営にまで踏み込んでいるのが興味深いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和バル処えんじ再訪。

高田馬場の和バル処えんじを再訪。 深夜日が変わる直前に入店して、1時過ぎまで滞在。 今日は一日沢山飲みました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の日本酒を飲む会第574回@湯島・飛鳥。

久しぶりに幻の会に参加。 今回はアラカルトで24種類のお酒を頂きました。 乾杯は香露の大吟醸、越乃寒梅の大吟醸。 前半は西日本中心に9酒。 開運、君盃、有磯・曙、小左衛門、酒一筋、寒北斗、羽根屋、萩乃露、月山。 酒一筋のパンチが印象的。 後半は東日本中心に13酒。 まんさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙臺驛日本酒バルぷらっとで2せんべろ。

仙台駅の中の仙臺驛日本酒バルぷらっと。 前から気にはなっていましたが、入店は初めて。 おつまみは結構美味でした。 今回は新幹線の時間までのつなぎ、でしたが、今度はじっくり入ってみたいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more