テーマ:

ギネス・オリジナル。

ギネスの瓶ビール。 初めて飲みました。 瓶のまま飲んでしまったので、クリーミーな泡は一切感じることができませんでしたし、香りも控えめに感じました。 飲み方によって随分印象が変わってきますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はちつる純米吟醸無濾過生。

八戸の市街地にある蔵元八戸酒類のお酒、はちつる純米吟醸無濾過生。 1年置きましたが、発泡感がしっかり残っていて爽やかな一本。 しかも熟成してよく練れた感じで立体的な美味しさを感ずることができます。 これもあっという間になくなるだろうなぁ…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上川大雪酒造試験醸造酒(2017)。

北海道の上川大雪酒造の試験醸造酒。 川端杜氏が同酒造に移られて初めての年のお酒です。 3年近く経っていますが、フレッシュさがしっかり残っています。 まだ少し固いくらい(^_^;)。 でも、あっという間に無くなってしまいました…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花盛酒造の山水渡風。

八百津の花盛酒造の山水渡風。 八百津町の渡辺屋さんのプライベートブランド。 4年間冷蔵庫で熟成させましたが、 落ち着いた風味ながらも、フレッシュさも味わえます。   美味しくてあっという間になくなってしまいました(^^;)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤武純米。

巣籠もりの一日の〆は岩手の赤武。 震災後に若き蔵元当時により生み出された銘柄ですが、既に洗練された風味に仕上がっています。 今後が益々期待できますね♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲里 大吟醸 五百万石。

茨城の笠間のお酒、磯蔵酒造の稲里。 頂き物ですが、大吟醸五百万石を頂きました。 繊細な風味ですが、 味わいもしっかり感じることができ、 キリッとしたキレも楽しめるお酒。 がばがば飲むより、しっとり頂くのが良い感じです♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣籠もり中につき在庫棚卸し。

外出自粛が続いているので、自宅の冷蔵庫の在庫を確認。 北海道が6(上川大雪4、二世古2) 青森が2(田酒、八鶴) 岩手が2(赤武2) 富山が2(満寿泉、勝駒) 岐阜が11(射美6、津島屋3、花盛1、小左衛門1) 滋賀が4(不老泉4) 香川が1(悦凱陣) の計28本でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自粛前の太閤。

ちょっと前(外出自粛前)に行った太閤でたかちよ(高千代)を中心に少々。 自粛前でしたが、お客さんはほかになく閑散としていました。 自粛後の今週末は、テイクアウトのオードブルセットを楽しみました♪(写真撮り忘れたぁ…)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川俣町のいわなの骨酒。

2月の福島訪問時のお土産、岩魚の骨酒。 川俣町名産のいわなで楽しみました。 結構熱めの燗にしたので、アルコールも多少飛んでいるのでしょうが、いくら飲んでも酔わないお酒です♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『すぐ吞み』。

お酒のおつまみのお勉強。 すぐ呑み つまみと酒122 - 葉石 かおり さっとできるものから手の込んだものまで色々と並んでおります。 気になるものも多々ありましたが、実践できるかなぁ?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『旅酒』。

「旅酒」銘柄で、47都道府県それぞれ限定のお酒をめぐるスタンプラリーのガイドブック・スタンプ帳。 旅酒-47都道府県 旅と酒のガイドブック- - 旅酒 日本酒蔵の会 日本酒を中心に、梅酒、ウイスキー、焼酎、泡盛と各地のお酒が楽しめるようです。 全国隅々まわらなくてはいけないので、かなり壮大で難易度の高いスタンプラリー。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『福島で酒をつくりたい』。

浪江で被災した磐城壽の蔵元、鈴木酒造店の物語。 先日飲んだ磐城壽アカガネがかなり美味しかったので、勉強してみることにしました。 福島で酒をつくりたい: 「磐城壽」復活の軌跡 (934) (平凡社新書) - 敏彦, 上野 若手の蔵元兄弟(といっても、私と同世代ですが…)が葛藤しながらも浪江の請戸で再び酒造店を立ち上げるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさびさの魚金で一服。

今年初めての魚金訪問。 今日はお酒、と言うより、お刺身中心。 季節の山菜天麩羅も絶品。 お酒は尾瀬の雪どけと京の春。 1時間少々で大満足です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見ロ万♪。

花泉の蔵元が醸すロ万。 今回は春先の季節限定酒、花見ロ万。 低アルコール(13度)の軽やかな一本です。 今年の花見は、屋内でTV、モニター、心の窓を通じてかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥八仙20周年記念酒。

写真を撮り忘れましたが、いちご煮を食べたので、八戸のお酒で合わせてみました。 ちょっと前に陸奥八仙の蔵元を見学した際のお土産の一本。 20周年記念酒のようですが、漆黒の瓶・ラベルに八仙の文字が栄えます。 程よい発泡感が残っていて、1年以上経っているとは思いますが、フレッシュさと落ち着きを兼ね備え、個人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜のお酒3酒@太閤。

今週も太閤にお邪魔。 射美をはじめ、岐阜のお酒が結構充実してました。 まずは射美の王道から。 甘いお酒です。 で、わらやきのタタキ。 ジューシーで美味しいです。 ホワイト射美は久しぶり。 酸味は穏やかかな(^_^。 津島屋外伝は種類が増えてました…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TAITTINGER。

20年近く前に、 生まれて初めて行ったシャンパーニュのCAVE、TAITTINGER。 オーソドックスで美味しいシャンパンです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やれば出来る桂利奈。

決してガルパンのキャラクターではなく、 大洗の月の井の蔵元が醸しているお酒。 同町内の大久保酒店のみで販売しています。 月の井らしい スッキリとした味です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『武蔵の酒蔵めぐり。』。

埼玉の酒蔵を紹介した一冊。 量産している蔵もあるので、意外にも醸造量は多い埼玉ですが、 秩父とか蓮田とか、良いお酒も一杯あります。 おとりよせよりおでかけ 武蔵の酒蔵めぐり。 蔵見学、試飲、直売所限定酒、酒蔵料理、埼玉の酒蔵が旨い。 (一般書) - おでかけNA埼玉制作班 山﨑美奈子 蓮田の某蔵は掲載されていませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磐城壽アカガネ。

浪江の請戸から山形へ移転した磐城壽。 純米酒アカガネは熟成酒です。 雄町を贅沢に使っていることもオマチストとしては嬉しい限り。 心地よい熟成香で安らぐ一本です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太閤で一杯。

コロナが怖い昨今ですが、 久々の太閤で一杯(たっぷり)頂きました。 ごちそうさまです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本酒の起源』。

文献や現代に残る痕跡をたどりながら 我が国における酒造草創期に迫る一冊。 日本酒の起源:カビ・麹・酒の系譜 [新版] - 上田誠之助 口噛み酒、芽米酒、餅麴など、日本では衰退していった酒造法についても、丁寧に検証しています。 口噛みの酒の分布と縄文人・弥生人の分布との対比をはじめ、 お酒の歴史をひもとく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土びんですねヒラメ刺身&あんこう鍋。

大洗駅からゆっくり歩いて30分くらいのところにある土びん。 この時期の旬の平目とあんこうを頂きました。 平目はぷりぷりで肉厚。 あんこう鍋は濃厚です。 雑炊も美味かった~♪。 お酒も月の井はもちろん、県内・全国のお酒が充実しています。 ごちそうさまでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白隠正宗誉富士純米酒。

静岡の酒米、誉冨士にこだわる沼津の酒蔵、高嶋酒造。 魚によく合う美味しいお酒です。 純米酒は、飲み飽きしない風味。 夕飯によく合います(^^)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more