テーマ:

『アルコール熟成入門』。

ワイン、ウイスキー、そして日本酒等のお酒の熟成のうち、 アルコールの刺激を和らげる、水とエタノールとの結合について、科学的に論じた一冊。 「熟成」するとなぜアルコールの刺激が緩和されるのか、 というより、「熟成」とはなんぞやと言うところを勉強しました。 アルコール熟成入門 (食品知識ミニブックスシリーズ) -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『焼酎の履歴書』。

焼酎に関する研究の第一人者、鹿児島大学・鮫島教授による、 焼酎の歴史の研究成果を勉強。 焼酎の履歴書 (発酵と蒸留の謎をひもとく) - 鮫島 吉廣 今ある焼酎の歩みが、中国等東アジア諸国の歴史と密接に関わっていること、また、意外にも歴史が浅いことを改めて認識。 記紀の神話の時代にはなかったはずの焼酎を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『最先端の日本酒ペアリング』。

恵比寿のGem by motoの店主による、日本酒とお料理のペアリングの提案。 酒類総研も研究として、フードマッチングと言うことに取り組んでいるようですが、 そうした科学的な研究に立脚したペアリングというものはこれまであまり意識されてこなかったかもしれません。 最先端の日本酒ペアリング - 千葉 麻里絵, 宇都宮 仁 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『南部杜氏の源流』。

杜氏集団が壊滅的な状況にある中、 全国でメンバーを輩出し続けている南部杜氏集団。 その歴史(物語)を勉強しました。 南部杜氏の源流 -近江商人といわて- - 三島黎子, 村井権兵衛を語る会 近江商人由来の酒蔵は全国でも数多くありますが、 南部杜氏も近江の流れを汲んでいるようですね。 近江商人、恐るべし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー』。

近年、とみに世界的な評価が高まっているジャパニーズウイスキーのお勉強。 ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー (単行本) - 土屋 守 隆盛の中に内在する問題点を遠慮せずに指摘されています。 結論はともかく、五大ウイスキーの一角を担っているという自負と責任において、 しっかり対応していくことこそが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年忘れ太閤。

多分、今年最後の太閤訪問。 ミーハーなお酒から、 マニアックなお酒まで、色々と楽しみました。 今年も随分お世話になりましたが、 来年も元気よく営業されますことを祈念しております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BAY-yaでペアリングの勉強。

横浜高島屋の地下1FにオープンしたBAY-ya。 お酒と料理のペアリングを提案するお店。 いづみ橋の黒とんぼに合わせてもらったのは、 イタリア風のポテトサラダ。 オリーブの香りたっぷりの感じが、濃厚なお酒に合う、と言うことかな? 美味しく頂きました。 料理・お酒のペアリングコースもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅野日本酒店・浜松町店で真野鶴&澤乃井。

大阪が本拠の浅野日本酒店が東京へ進出。 こんな状況下ですが、元名酒センターの浜松町店を居抜きで開店しました。 第1週は、佐渡の尾畑酒造の真野鶴特集。 ハイスペック3酒はいずれも上品な風味。 佐州正宗は初めて頂きましたが、かなり好みの風味です。 ちょっと変わり種3酒もなかなか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽町・伊勢藤。

神楽町の名店、伊勢藤。 まさに古き良き昭和の雰囲気を残す名店です。 酒は白鷹のひやか燗のみ。 燗は、囲炉裏でつけてくれます。 長居するのは無粋。 さっと飲んでさっと立ち去るかっこいい大人になりたいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はせがわ酒店のどぶろく。

東京駅のはせがわ酒店でどぶろくを一杯。 前回は桃のどぶろくでしたが、今回はストレートなもの。 あっさりと飲みやすい一杯でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太閤で一服。

最近、キッチンカー営業で本店?が閉まりがちな太閤。 久しぶりに顔を出してみました。 時短・縮小営業中でしたが、 それなりに賑わっておりました♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラとチョクで球磨焼酎(KOMORIUTA)。

白岳を醸す高橋酒造のKOMORIUTA。 甕貯蔵した球磨焼酎です。 これを、ガラにいれて直火で燗し、チョクでちびちび頂きます。 この飲み方をきちんとやったのは実は初めて。 こんなに美味いと知っていたら、前からやったのに…。 ちなみにアテは薩摩揚げでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球磨焼酎を焼酎BAR中で堪能。

繁華街の真ん中?にある焼酎BAR中。 球磨焼酎をじっくり堪能♪。 当たり前ですが、東京ではお目にかかれない銘柄も多く、 勉強になりました(^^)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野白金一氏の胸像@熊本県酒造研究所。

香露の醸造元でであり、かつ、きょうかい9号酵母の元となった熊本酵母を保存・管理している株式会社熊本県酒造研究所。 庭先では、初代技師長だった野白金一氏の胸像が見守っています。 熊本地震の時に煙突が新幹線の高架に倒れ込むという被害があったようですが、 酵母は無事だったようです。 そのためにも、バックアップは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山都町の通潤酒造。

熊本県の山都町。 通潤橋で有名だったり、Do as infinityの伴都美子さんの地元だったりする、普段は静かな街で、 物理的にも精神的?にも真ん中に立つ通潤酒造。 酒造りの基本はしっかり押さえつつ、 新しい取組にアグレッシブに取り組んでおられるお蔵さんです。 場当たり的に対応するのではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦霞 純米吟醸 寒風沢。

塩竈の佐浦さんが醸す浦霞純米吟醸寒風沢。 浦戸諸島の寒風沢島産のササニシキで造られています。 ふんわりとした旨味が優しい一本です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金しゃち 名古屋赤味噌ラガー。

名古屋のクラフトビール、金しゃち赤味噌ラガー。 商品名のインパクトはすごいですが、 意外に普通のラガービール。 鼻に抜ける香りに若干赤味噌感を感じますが、 普通に美味しい、完成度の高いクラフトビールです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉店間近の名酒センター浜松町店。

お蔵元を囲む会などで何度かお世話になった名酒センター浜松町店。 コロナの影響を少なからず受け、浜松町店を閉店する、と言う決断に至ったようです。 最終週は、3杯500円のイベント中。 来月10日からは、大阪の浅野日本酒店が居抜きで入るようです。 これはこれで楽しみ。 いずれにせよ、長い間、浜松…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッポン全国物産展。

池袋のサンシャインシティで開催中のニッポン全国物産展へ。 コロナ禍と言うこともあり、出展数も来場者も少なめでしたが、その分ゆったりと見て回ることができます。 酒ズキ横丁では、1杯100円から試飲を楽しめます。 あまり東京でお目にかかれない蔵元さんも来ていて、初めて飲むお酒もいくつかありました♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白老・特別純米 セントレア?モデル。

知多半島の常滑で白老(はくろう)を醸す酒蔵、澤田酒造。 蔵開きなど、早くから新しいことに熱心に取り組みつつ、伝統的な酒造りを守る蔵元さんです。 今回は、セントレア?ラベルの知多半島産の若水100%の特別純米を頂きました。 ラベルの青空のように澄んだ口当たり。 穏やかな旨味と静かな辛味とのバランスが良い一本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の桂・純米・にごり酒。

京都・伏見の月の桂の定番酒、にごり酒。 冷やしすぎたせいか、あまり爆発もせず、上澄みは普通に美味しい発泡酒。 おりを混ぜ込んだら、更に落ち着いた感じ。 不思議…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿三丁目・もと。

新宿三丁目のもとを久しぶりに訪問。 まずは萩の露のもとスペシャルから。 もとグループ10周年記念だそうです。 つまみはポテサラで。 燗酒も美味いです。 ちょっと熱めの燗は、石川県の春心。 とても良い感じです。 もとGもコロナの影響をまともに受けているようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本橋・麦酒庵で沢山…。

日本橋本町の麦酒庵を初訪問。 ビールの店かと思いきや、充実した日本酒のラインナップに驚きです。 色々と勉強しましたが、一番面白かったのは、米のテロワール違い。 品種や蔵元・造りは同じで、米の産地だけの違いがどう風味に影響が出るのか。 風味は課なり異なりましたが、米のできがどうなのかは良くわかりませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おでんと酒 つみれや。

おでんと酒 つみれやを初訪問。 ちょっとわかりにくい裏路地にある小さなお店。 石巻の墨廼江からスタート。 おでんは王道の味。 仙台麩のおでんは、味がしみこんでたまらなく美味いです。 2本目は岩手・喜久盛酒造のシャムロック。 個々の蔵元は遊び心満載ですね。 〆は白河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いな穂のせりしゃぶ♪♪♪。

昨シーズンは名取の三浦さんのせりが食べられなかったので、リベンジ。 お通しから酒がどんどん進みます。 下仁田ねぎも甘くて美味い♪ いよいよせりしゃぶへ。 根っこが美味いんですよね。 裏水鳥記は初めて頂きましたが、結構好きかも。 楽しい一時でした♫。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more