テーマ:

1年ぶりの葛飾柴又。

1年ぶりに柴又を訪問。 電車は結構空いていました。 境内も普段の土日より少し多いのかな?程度。 髙木屋老舗もイートインスペースは空席が…。 昨年は気づきませんでしたが、駅名標に寅さんが…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラとチョクで球磨焼酎(KOMORIUTA)。

白岳を醸す高橋酒造のKOMORIUTA。 甕貯蔵した球磨焼酎です。 これを、ガラにいれて直火で燗し、チョクでちびちび頂きます。 この飲み方をきちんとやったのは実は初めて。 こんなに美味いと知っていたら、前からやったのに…。 ちなみにアテは薩摩揚げでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SORA STAGE@鹿児島空港。

鹿児島空港にあるSORA STAGE。 ミニ航空博物館です。 展望デッキと直結しているので、出発までの暇つぶしには丁度良い感じ。 モックアップもあって、飛行機のサイズ感も体感できます。 で、今回の熊本・鹿児島訪問は終了です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在来線・熊本駅。

在来線の熊本駅は、鹿児島本線と三角線と豊肥本線とが発着してます。 鹿児島本線は、通勤通学客で一杯。 三角線はローカル線の雰囲気がたっぷり。 番線によって雰囲気が随分異なる駅ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州新幹線熊本駅。

九州新幹線の熊本駅。 朝から新幹線に乗るお客さんは多いようです。 コンコースでは巨大くまモンが顔をのぞかせていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球磨焼酎を焼酎BAR中で堪能。

繁華街の真ん中?にある焼酎BAR中。 球磨焼酎をじっくり堪能♪。 当たり前ですが、東京ではお目にかかれない銘柄も多く、 勉強になりました(^^)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本城!!!。

地震後、初訪問となる熊本城。 まだまだ復興の途上ですが、 お城はしっかり街を見守っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野白金一氏の胸像@熊本県酒造研究所。

香露の醸造元でであり、かつ、きょうかい9号酵母の元となった熊本酵母を保存・管理している株式会社熊本県酒造研究所。 庭先では、初代技師長だった野白金一氏の胸像が見守っています。 熊本地震の時に煙突が新幹線の高架に倒れ込むという被害があったようですが、 酵母は無事だったようです。 そのためにも、バックアップは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山都町の通潤酒造。

熊本県の山都町。 通潤橋で有名だったり、Do as infinityの伴都美子さんの地元だったりする、普段は静かな街で、 物理的にも精神的?にも真ん中に立つ通潤酒造。 酒造りの基本はしっかり押さえつつ、 新しい取組にアグレッシブに取り組んでおられるお蔵さんです。 場当たり的に対応するのではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼滅の刃ショップ@お台場。

アクアシティお台場内のジャンプショップで期間限定?で開催中の鬼滅の刃特設ショップ。 柱を中心に主要キャラクターが大集合です。 ここまで揃うと、圧巻ですね。 日輪刀も色々あっておもしろいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おでんと酒 つみれや。

おでんと酒 つみれやを初訪問。 ちょっとわかりにくい裏路地にある小さなお店。 石巻の墨廼江からスタート。 おでんは王道の味。 仙台麩のおでんは、味がしみこんでたまらなく美味いです。 2本目は岩手・喜久盛酒造のシャムロック。 個々の蔵元は遊び心満載ですね。 〆は白河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いな穂のせりしゃぶ♪♪♪。

昨シーズンは名取の三浦さんのせりが食べられなかったので、リベンジ。 お通しから酒がどんどん進みます。 下仁田ねぎも甘くて美味い♪ いよいよせりしゃぶへ。 根っこが美味いんですよね。 裏水鳥記は初めて頂きましたが、結構好きかも。 楽しい一時でした♫。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大曲駅。

秋田新幹線の大曲駅。 駅前には花火のモニュメントが。 夏の花火は迫力がすごいのでしょうね。 その一方で、駅前は殺風景。 ある意味、良くある地方駅です。 奥羽本線と田沢湖線とが接続する駅でもあるので、 線路幅が微妙に違う在来線が混在。 新幹線ホームでは、在来線も同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六舟の蔵、刈穂酒造。

秋田は名酒が多いですが、 きれいな山廃酒を醸す刈穂酒造を訪問。 吟醸酒、純米吟醸酒の銘柄の一つである『六舟』は、蔵にある上槽のための舟からとられたものであることを初めてしりました。 六槽も並ぶと圧巻の光景です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HNDからAXTへ。

羽田空港から秋田空港へ。 国内線は欠航が多くなっていて、飛行機も小さくなっているので結構満席が多くなっています。 秋田空港では秋田犬となまはげがお出迎え。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島田酒店の地下セラー。

阿波座の島田酒店で、一癖あるお酒を堪能。 店主の解説を聞きつつ、啓山寺味噌を舐めながら5種類を楽しみました。 一番古いものは1986年醸造。 意外と軽やかな風味でありました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャッター通りの道頓堀からわなか本店へ。

道頓堀は人通りもまばらですっかりシャッター通りと化してしまいました。 づぼらやもなくなったしなぁ・・・。 気を取り直して、 千日前のNGKのそばのわなかへ。 こちらも行列なくさっと購入できました。 うれしいんだか、さみしんだか…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

〆の巴うどん。

一日の〆はあべのハルカスのお膝元の巴うどん。 大阪らしい雰囲気のお店です。 いつの間にか犬が店番をするようになっていました。 アテは、だし巻き玉子から。 明太子がたっぷり入っています♪。 お酒は大治郎と姿。いずれもしっかりとしたお酒です。 〆のきつねうど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山三♪。

開いてて良かった山三さん。 行列、までは行きませんでしたが、結構満席に近い状態。 スタートは片野櫻から。雄町と山田錦とを飲み比べ。 雄町の方が、後味しっかり、山田錦は優しい感じでした。 おでんは残念ながらひろうす・豆腐ともになし…。 でも、この濃い色のお出汁が最高。 きずしに合わせたのは天野酒のりょく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の桂・増田徳兵衛商店。

伏見の中心街から少し離れたところにある月の桂を醸す増田徳兵衛商店。 半世紀以上前から、本朝食鑑の記述に基づく古酒造りに熱心な蔵元です。 多治見の焼き物だったり、中国の焼き物だったり、様々です。 来月発表予定の熟成古酒8本セットは、かなりのお値段の模様。 本朝食鑑の本物は初めて見ました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N700S!。

N700Sに初めて乗車。 まだまだ綺麗な車体。 内装もぴかぴかです。 車内で流れる案内表示は、ニュースが流れなくなりましたが、どこを走行中かひと目でわかるようになったので、寝過ごすリスクが少しは減るかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デト11・12形。

京急川崎駅でちょっとした鉄道イベント。 資材運搬用のデト11・12形が大師線ホームに停車してました。 この2両のプラレールも先行販売していましたが、 かなりマニアック…。 京急ならでは、ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もみまんの自動販売機。

勝手なイメージですが、 広島には奇妙?な自動販売機が多いように思います。 何度かみるうちに、出汁の自販機には驚かなくなりましたが、 今回のもみまんの自販機には驚きました。 しかも、冷えているみたいですよ…。気になる…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦帯橋。

水害で橋が流されたり、 バイクで走られたりと何かと話題の錦帯橋。 どの角度からみるのが一番魅力が伝わるか…。 橋を渡った先の公園には、夏の鵜飼で活躍する、日立出身のウミウが余暇を楽しんでいました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more