テーマ:

JR東海大井車両基地でドクターイエローに再会。

2ヶ月近くステイホームで心身ともにおかしくなってきた子鉄の気分転換に都内をドライブ。 なるべく人に接触しないように一時を楽しみました。 まずは、大井の新幹線車両基地へ。 陸橋を渡り終わったところから戻る感じで見に行きましたので、まずはりんかい線の車両から。 次はJR貨物。 スーパーレールカーゴの実物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『木造駅舎紀行 200選』。

廃線も含めた木造駅舎を200紹介した一冊。 トップは原宿駅ですが、今年をもって姿を消します。 旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選 - 杉﨑 行恭 国立駅が復活したという話もありましたが…。 一方で、北海道には小柄ながら魅力的な駅舎が数多く残っています。ただ、廃船の方が多いかも…。 道の駅ができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧野蒜駅。

東松島・旧野蒜駅の震災遺構。 きちんと整備されてからは初めて訪問しました。 レールがぐにゃりと曲がっているのですが、どういう力が働いてああなったのか…。 因みに、旧駅舎にあったFamilyMart跡地では、東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムのデザイナー野老朝雄氏の指導のもと作成された千羽鶴のア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホヤカマ@万石庵。

石巻の渡波駅ちかくの万石庵を初訪問。 元々味噌屋だったところを改装して、釜飯カフェ?に衣替えしたそうです。 メインメニューは釜飯。 その中でも、別格の扱いのホヤカマを頂きました。 釜が到着するなりほや特有の香りを存分に楽しめます。 釜飯だけではなく、スイーツにも力を入れているせいか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘道館再訪、弘道館記碑。

春うららかな陽気の中、 弘道館を再訪。 正庁前の左近のさくらがほぼ満開状態。 正庁の建物も青空に映えます。 尊皇攘夷の言葉は、ここの弘道館記が初出だとか。 臥龍梅は根元が細くて心配になりますが元気に新しい枝を伸ばしていました。 八卦堂に納められている弘道館記碑を特別に魅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見ロ万♪。

花泉の蔵元が醸すロ万。 今回は春先の季節限定酒、花見ロ万。 低アルコール(13度)の軽やかな一本です。 今年の花見は、屋内でTV、モニター、心の窓を通じてかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要塞?@福島県庁。

福島県庁を訪れてまず驚くのが、耐震のための構造物。 大人?怪獣?のジャングルジム?と思うほど仰々しい造り。 要塞にも見えてきます…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸信ラーメンの二層醤油ラーメン。

福島駅東口そばの丸信ラーメン駅前店。 繁華街の中にあるラーメン屋さんです。 こちらの醤油ラーメンはスープが2層になっていることが特徴。 上澄みの方はほぼ透明な澄んだスープ。 丼の底の方には醤油の黒い影が…。 最初は塩ラーメンの風味ですが、食べ進めていくうちにだんだん醤油ラーメンに表情を変えていきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鈴徳商店の大人のあんパン(酒粕入り)。

紫波町・日詰商店街にあるまちのパン屋さん、鈴徳商店。 インターンでこの町にやってきた学生とコラボした新商品開発にも意欲的に取り組んでいるお店。 その中の一つ、酒粕をふんだんに使った大人のあんパン。 期待以上にお酒の香りがしっかりと感じられます。 アルコール分はほとんど飛んでいるのでしょうけど、子どもに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わんこそば@東家駅前店。

30年ぶりにわんこそばの東家を訪問。 前回は高3のときの修学旅行で、123杯食べましたので、今回はそれを超えることを目標に頑張りました。 薬味と漬け物、お刺身もついていますし、食後のデザートもあります。 スタートしたら後はノンストップでそばをお腹に放り込むだけ。 途中挫折しかかりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リノベーション街づくりを目指す日詰商店街。

紫波町の元々の中心街、日詰商店街。 リノベーションまちづくりを目指しているらしいのですが、 シャッターを閉じた店舗が多いのが残念ながら現実です。 その中でも、学生インターンシップと連携して新商品開発に取り組んでいる店も少なくなく、 また、若者が集える場所を造ろうというプロジェクトも進行中とのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫波町オガール。

地方創生の先駆的取り組みとも言うべき、紫波町の尾ガール。 基本的に税金を使わず、民間ベースで駅前の開発が行われた場所です。 図書館を配置し、人の流れを造りつつ、各種店舗や病院を呼び込んでいます。 周りの新興住宅地と併せて、新たな街をつくりあげた、そんな場所です。 総花的に何かをやるのでは無く、一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ろうすう麺(小)@白龍本店。

今月2回目の白龍本店。 じゃじゃ麺だけでは芸が無いので、ろうすう麺に初挑戦。 ラーメン風のスープに、じゃじゃ麺の麺が入って、具だくさん。 期待以上に美味かったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首里城片付け中。

昨年10月に火災に見舞われた首里城。 こちらも久しぶりに訪問。 守礼門は変化なし。 この辺も変化なし。 頂きの上に近づくと、痛々しい光景が。 まだ、がれきを整理しテいる最中かな。 本格的な復興はまだまだこれからです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士家のスパイシータコライス&黒糖ぜんざい。

久しぶりに訪れた泊の富士家。 知らない間に随分店の雰囲気が変わっていました(^_^;)。 ですが、味は中々のもの。 スパイシータコライスは、どんどん食が進む風味。辛すぎないところが素敵です。 ちょっと辛さの残る構内を落ち着かせてくれるのが、富士家のぜんざい。黒糖のほのかな甘さがとても良い感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラッセふくしまからの眺望。

福島駅西口そばのコラッセふくしま。 12階の展望室は高さこそ60mくらいですが、 高い建物も限られているので中々の眺望。 改めてみると、今年は本当に雪が少ないです。 暖冬なんですね…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふくしまブルブル@サイトウ洋食店。

福島駅東口そばのサイトウ洋食店で、 福島の名物洋食、ふくしまブルブルに初挑戦。 豚のステーキですが、 たっぶりかかった(おろし?)ソースが食欲をそそります。 タマネギのトッピングとレタスが敷いていあるのが基本だそうで、 レモンを途中で搾って味変させても楽しめます。 ブルブルするほど美味しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県営あづま球場。

オリンピック開会式前にソフトボールの試合が6試合予定されている福島県営あづま球場。 改修前は天然芝だったようですが、 ソフトボールの試合も呼び込めるよう、最新鋭の人工芝のグラウンドに転換したようです。 観客席は、昔のまま。 ですが、バリアフリー化を進めていて、皆で楽しめる球場になるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南三陸町・震災復興祈念公園

南三陸のさんさん商店街から橋でつながる予定の震災復興祈念公園。 築山の上からは防潮堤などでよく見えなかった南三陸の市街地の現況を確認することができます。 かの有名な防災庁舎は、祈念公園の築山から見ると、こんな感じ。 外壁のごく一部が残っているのが良くわかります。 少し厳かな雰囲気の場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雄勝・モリウムアス。

雄勝の旧桑浜小学校を改装したモリウミアス。 子どもたちが循環する世界を体感することのできる滞在型施設です。 子どもが軸ですが、大人の研修も受け入れているようです。 屋根は、旧小学校の時代から雄勝石のスレート。一部使えなくなったものがあるようで、後ろ半分はトタン屋根になっていました。 風呂場も手造りの露天風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雄勝・伝八寿しで牡蠣そば。

雄勝の店こ街の仮設店舗の一つ、伝八寿し。 平日昼は大賑わいです。 今回はあえて、生の海鮮ではなく、雄勝産の牡蠣がたっぷり入ったそば。 出汁の旨味がたまりません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土びんですねヒラメ刺身&あんこう鍋。

大洗駅からゆっくり歩いて30分くらいのところにある土びん。 この時期の旬の平目とあんこうを頂きました。 平目はぷりぷりで肉厚。 あんこう鍋は濃厚です。 雑炊も美味かった~♪。 お酒も月の井はもちろん、県内・全国のお酒が充実しています。 ごちそうさまでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大洗駅前ロータリー工事中。

先週日曜日、 ガルパンパネルが横に移動していたのでどうしたのかな、と思っていましたが、 駅前ロータリーを工事する予定があったんですね。 夏前には、新しい姿になるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いわき・回廊美術館。

蔡国強氏が地元の方とともに作り上げた回廊美術館。 土地の地主さんの好意で成り立っている屋外アートスペースです。 回廊には、蔡氏といわきとの繋がりがわかるパネルや、小学生の絵が展示されています。 震災後にできたこの美術館ですが、 ここを造ること自体がアートだったのかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more