テーマ:

ホヤ入りマドレーヌと舞茸入り最中。

石巻でパン、お菓子を製造している萬楽堂。 地元の食材を使った変わり種のお菓子がいくつか。 ホヤの粉末を使ったマドレーヌ、保夜美人。 そんなにホヤのクセは出ていません。 一方、マイタケが入った最中は、鼻から抜ける香りが、干したマイタケの香りそのまま。 甘味とのギャップがすごいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すろっぴー。

高速鳴門のバス停に向かうすろっぴー。 あっという間の100秒間です♪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚国際美術館。

昨年の紅白歌合戦で米津玄師氏がLemonを歌った大塚国際美術館。 古代から現代までの名作を陶板で作成した作品が、広々とした館内・屋外に展示されています。 同時に見ることが不可能な作品をあえて並べてみたり、 室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿波池田から剣山で徳島へ。

阿波池田駅は、徳島の山間部の中心。 駅前商店街も立派です(開いているかどうかはともかく)。 ホームには奇橋かずら橋のミニチュアも。 特急剣山は国鉄時代の車両。 昭和製造のはずですが、意外にも内装・外装ともに綺麗でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知から南風で阿波池田まで。

高知駅から南風で阿波池田まで移動。 高知駅構内には、酔っ払いの神様?が。 それにつれられついつい朝から一杯。 パンはUFOに見えますが、あくまでも帽子パンです。 今日も振り子列車。 酔いが早く回ります。 で、小一時間で阿波池田に到着しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餃子の安兵衛。

高知名物、屋台餃子の安兵衛を十数年ぶりに訪問。 以前にも増してメジャーなスポットになったようで、 数十分待ちの大行列。 とはいえ、回転は速いので、待ち時間はそれほどでもありません。 ぱりぱりの餃子の旨さは、クセになります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤のやで鰹&うつぼのたたき。

はりまや橋そばの藤のやで夕食。 お通しはくじらのさえずり。 脂たっぷりで美味いです。 こちらの名物、無農薬のわらで炙られたタタキの香ばしさがたまりません。 塩で食べるとその香りが更に引き立ちます。 うつぼはポン酢で。 こちらも箸が止まりません。 当然、お酒もどんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とさでんで高知中心部へ。

後免町からとさでんに乗車。 高知中心部を目指します。 途中、日本最短の駅間距離を誇る一条橋・清和学園前間も通過。 想像以上に近いです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐くろしお鉄道ごめんなはり線。

高知駅から土讃線経由土佐くろしお鉄道ごめんなはり線の後免町へ。 土讃線・ごめんなはり線後免駅までは土讃線各駅停車と連結した状態。 後免駅から一駅の後免町駅は、ありがとう駅の愛称がついています。 キャラクターのごめんまちこさんが出迎えてくれます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンパンマン特急、その3。

土佐くろしお鉄道中村駅から土讃線高知駅までアンパンマン特急のあしずりで移動。 やっぱり車酔い状態になりました(^_^;)。 高知駅はアンパンマン推しの強さがハンパないです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐くろしお鉄道四万十くろしおライン。

土佐くろしお鉄道四万十くろしおライン(中村線・宿毛線)で窪川から宿毛まで。 中村駅までは、特急あしずりで移動。 中村駅からは、各駅停車で終点、宿毛まで。 駅舎の先の外装が少し変わっていますが、2005年の事故の時の復旧の跡かな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窪川駅。

土讃線の終着駅、窪川。 土佐くろしお鉄道四万十くろしおライン(中村線)の駅でもあります。 駅近くには四万十町役場の綺麗な庁舎があります。 そういえば、四万十市と四万十町とがあって、混乱しますね…。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満洲ジャンメン@窪川・満洲軒。

窪川駅から四万十町役場・警察署等を超えたところにある満洲軒。 ご当地グルメ満洲ジャンメンを頂きました。 ピリ辛のあんかけが麺の上にかかっていますが、これが絶品。 ホルモンとニンニクでスタミナ満点です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予土線三兄弟。

宇和島から予土線で窪川まで。 道は、海洋堂ホビートレイン・かっぱうようよ号。 車内も車体にもかっぱがうようよ。 でも、その分、座席が減ってしまっていて、通勤列車並の混雑になっていました。 途中の江川崎駅で鉄道ホビートレインとすれ違い。 世界一遅い新幹線は、結構さびが目立ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇和島名物、井伊商店の麦味噌。

宇和島で醸造されているはだか麦100%の麦味噌。 その醸造元、井伊商店を訪問。 BSプレミアムで放映されたことをきっかけに、注文が急増しているそうです。 地元密着型のお店です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇和海で宇和島まで。

松山から予讃線特急・宇和海で宇和島まで。 途中の八幡浜は、豊後水道を経て別府に渡るフェリーに乗り換える駅なのか、かなりのお客さんが降車していきました。 駅周辺は南国の雰囲気。 鉄道唱歌の作詞家の大和田建樹氏の出身地とのことで、鉄道唱歌が流れるモニュメントも。 駅前には川も流れていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三津浜焼き&三津浜ハイボール&清見ハイボール@ひまわり。

昼食に続き危うく夕食難民になりかけましたが、 あいててよかったやきやき鉄板GRILLひまわりへ。 松山のソウルフードの三津浜焼きのお店です。 広島のお好み焼きに近い雰囲気のお好み焼きです。 ハイボールによく合う味でした。 ちなみにご当地ハイボールも。 青い柑橘系リキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道後温泉。

道後温泉本館。 以前来たときは普通に入れたのですが、 お盆休みシーズンでもありまさかの40分待ち。 ちなみに、以前と異なり、千と千尋の影響もあってか、外国人にも大人気。 並んでいる過半は外国人だったのではないか、と。 そこまでしてはいる元気はありませんでした。 飛鳥乃温泉で妥協…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いよてつ三昧。

松山の市内を走るいよてつ。 道後温泉には坊ちゃん列車が止まっていました。 市内線だけでなく、郊外線にも乗車。 旧京王の片開きドアの列車が当たり前のように走っていてちょっとテンションが上がりました。 松山市駅には坊ちゃん列車ミュージアムもあります。 スターバックス店内なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各駅停車で松山へ。

しおかぜにもう一回乗って松山に向かっても良かったのですが、 息子が、四国の電車の普通電車に乗りたいと希望したので、あえて各駅停車でのんびり移動。 ゆっくり走っているせいか、 しおかぜほどゆれることなく快適な移動でした…(^_^;)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more