『國酒の地域経済学』。


日本のお酒、特に、日本酒・焼酎の産業としての可能性についてお勉強。 

國酒の地域経済学-伝統の現代化と地域の有意味化- - 佐藤 淳
國酒の地域経済学-伝統の現代化と地域の有意味化- - 佐藤 淳

意識的に、ブランド価値を高め、価格の上昇をしていかなければならないと言う状況だと思いますが、

なかなか踏み切れないのが、現在進行形の企業の宿命でしょうか。

もっとも、小回りがきく酒蔵がほとんどのはず、なので、

今後には期待したいなぁ…。

消費者は、関係者の皆さんの努力を正当に評価して飲む、というのが正しい姿かな?