長崎ちゃんぽん&くえの寿司。

日本橋三越で開催していた長崎店のイートインコーナー。


長崎中華街の蘇州林のちゃんぽんと、

DSC_2961.JPG

くえのお寿司。

DSC_2960.JPG

寿司に合わせたクエだしの素が油断大敵の美味しさでした。

宮城の海の幸。


宮城県の海産物のモニター募集、に応募したら、運良く当選。

DSC_2958.JPG

女川アヒージョ・ほやは、そのままつまんでも寄り、パスタに絡めても良し。

万能です!!!。


その他、牡蠣のお茶漬けや、アンチョビマヨネーズなどなど、美味いのオンパレードです!

道玄のチャーギュウ麺・白醤油。

道玄、といっても、渋谷ではなく、高田馬場のラーメン屋。

シュークリームは何度か食べたことはありますが、ラーメンは初めて(^_^;)。

基本のチャーギュウ麺を白醤油のバージョンで頂きました。

DSC_2951.JPG

こってりとしたスープにえごま油の香りで特徴的な風味。


なかなか解釈が難しい?一杯ですが、はまるとクセになりそう・・・。


ごちそうさまでした♪。

安定の黄桜。

地酒ブームになると、

大手のナショナルブランドのお酒が正当に評価されなくなりがちですが、

私は、昔から、灘・伏見の大手のお酒は安定感があって、好んで飲んでいます。

DSC_2968.JPG

やっぱり美味しいんですよね。


『和食とうま味のミステリー 国産麴菌オリゼがつむぐ千年の物語』。


醸造学・麴学の第一人者が、

日本の食文化の歴史をこうじ菌を軸に振り返った一冊。

和食とうま味のミステリー:国産麴菌オリゼがつむぐ千年の物語 (河出ブックス) - 北本勝ひこ
和食とうま味のミステリー:国産麴菌オリゼがつむぐ千年の物語 (河出ブックス) - 北本勝ひこ


すっかり家畜化されたこうじ菌が、いかに、我が国の食生活を豊かにして、

また、

世界の食生活、衛生に貢献してきたかを垣間見ることができます。


本の装丁は可愛らしいですが、

中身は結構硬派でした(^_^)。

『新版 本格焼酎を愉しむ』。


言わずと知れたソムリエ田崎真也氏による、

本格焼酎・泡盛の紹介。

新版 本格焼酎を愉しむ (光文社知恵の森文庫) - 田崎 真也
新版 本格焼酎を愉しむ (光文社知恵の森文庫) - 田崎 真也

ソムリエならではの視点から、本格焼酎・泡盛の魅力を語ってくれています。



蒸留酒を食中酒として飲む習慣は、

あまり世界にはないと認識していましたが、

そんなことはない、一般的なこと、

という解釈もあるのですね。


色々な専門家の本を読むと

本当に勉強になります。


『古代マヤ文明』。

これまで全く縁のなかったマヤ文明についてお勉強。

古代マヤ文明-栄華と衰亡の3000年 (中公新書) - 鈴木 真太郎
古代マヤ文明-栄華と衰亡の3000年 (中公新書) - 鈴木 真太郎

と言っても通史的に学ぶ、というより、

考古学の最先端から見える、古代マヤ文明の再検証、といった“冒険”を追体験させてくれるような一冊。

摩訶不思議な建造物等を残した解読不能な文明という勝手な妄想は払拭することができました(^_^)。

ただ、不案内なものにとっては、年表的なものがあるとよりわかりやすかったかなぁ…。無い物ねだりはいけませんけどね。

今年初めての太閤。

今年初めての太閤へ。

コロナ禍なので、他のお客さんが来る前にさくっと楽しみました。

DSC_2909.JPG

定番のお酒から珍しいお酒までたっぷり。

DSC_2912.JPG

DSC_2913.JPG

DSC_2915.JPG

久しぶりに美味しく頂きました。

ごちそうさま。

アイスワイン。

アイスワインはあまり飲んだことがありませんでしたが、

ちょっと試してみました。

DSC_2906.JPG

あまい・・・。お酒を飲んだ気がしないので危ないです。

鶴岡八幡宮。

コロナ禍ではありますが、鶴岡八幡宮を久しぶりに参拝。

DSC03859.JPG

外国人観光客が減った分、小町通りを含め、少し空いていましたが、

それでも結構な人出でした。


DSC03865.JPG

梅の花の蜜を吸いにメジロがやってきていましたが、

春の訪れはもう少しかかるのかな…。

LAGARとジョッキ生風缶生。

スペルミスで話題となったSAPPOROのビールと、

スーパードライをジョッキ生風に簡単に飲める缶で今年初めてのビール。

DSC_2887.JPG

LAGARは普通に美味しいビール。スーパードライは、想像以上に勢いよく泡が立ってジョッキ生感覚を楽しめました。


DSC_2889.JPG

居酒屋に中々行けないので、こういうアトラクションを楽しめるのは良いですね♪。

ジョッキ生缶は、4月に発売だそうです。

あと5種類(多分…)。

昨日から発売中の鬼滅の刃コラボのチロルチョコ。

DSC_2870.JPG

40種類は中々集まりません。

DSC_2867.JPG

あと多分5種類。

もう残っていないかなぁ…。


ちなみに節分は、鬼滅ロールでした…。

DSC_2868.JPG

もっちりしていて、まあまあの味。

見た目の毒々しさ?から比べると、普通に美味しいロールケーキでした。

『沖縄の神と食の文化』。

沖縄文化のお勉強。

神話の世界やノロ・ユタの存在、そして独特の食文化について、簡単に紹介した一冊。

沖縄の神と食の文化 (プレイブックス・インテリジェンス) - 政信, 赤嶺
沖縄の神と食の文化 (プレイブックス・インテリジェンス) - 政信, 赤嶺

地理的に日本本土と隔絶されていますが、

昔ながらの日本の風習、言葉などが残っている、というのは、少し不思議に思います。


読んでいたら、

沖縄に行きたくなってしまうのはどうしようもないよねぇ…。