金しゃち 名古屋赤味噌ラガー。

名古屋のクラフトビール、金しゃち赤味噌ラガー。

DSC_2591.JPG

商品名のインパクトはすごいですが、

意外に普通のラガービール。

鼻に抜ける香りに若干赤味噌感を感じますが、

普通に美味しい、完成度の高いクラフトビールです。

閉店間近の名酒センター浜松町店。

お蔵元を囲む会などで何度かお世話になった名酒センター浜松町店。

コロナの影響を少なからず受け、浜松町店を閉店する、と言う決断に至ったようです。

DSC_2585.JPG

最終週は、3杯500円のイベント中。

DSC_2590.JPG

来月10日からは、大阪の浅野日本酒店が居抜きで入るようです。

これはこれで楽しみ。

いずれにせよ、長い間、浜松町での日本酒の伝道、お疲れ様でした。

鬼滅の刃ショップ@お台場。

アクアシティお台場内のジャンプショップで期間限定?で開催中の鬼滅の刃特設ショップ。

DSC_2581.JPG

柱を中心に主要キャラクターが大集合です。

DSC_2580.JPG

DSC_2564.JPG

DSC_2565.JPG

DSC_2562.JPG

DSC_2563.JPG

DSC_2566.JPG

DSC_2570.JPG

DSCPDC_0002_BURST20201123124637991_COVER.JPG

DSC_2571.JPG

DSC_2569.JPG

ここまで揃うと、圧巻ですね。

日輪刀も色々あっておもしろいです。

DSC_2567.JPG

DSC_2568.JPG

DSCPDC_0000_BURST20201123124634782.JPG

DSC_2576.JPG

DSC_2577.JPG

DSC_2578.JPG

DSC_2575.JPG

このブーム、いつまで続くかな?

原作全てをアニメ化するには、

まだ数年かかりそうですけどね。

ニッポン全国物産展。

池袋のサンシャインシティで開催中のニッポン全国物産展へ。

コロナ禍と言うこともあり、出展数も来場者も少なめでしたが、その分ゆったりと見て回ることができます。

酒ズキ横丁では、1杯100円から試飲を楽しめます。

DSC_2541.JPG

あまり東京でお目にかかれない蔵元さんも来ていて、初めて飲むお酒もいくつかありました♪。

DSC_2540.JPG

白老・特別純米 セントレア?モデル。

知多半島の常滑で白老(はくろう)を醸す酒蔵、澤田酒造

蔵開きなど、早くから新しいことに熱心に取り組みつつ、伝統的な酒造りを守る蔵元さんです。

今回は、セントレア?ラベルの知多半島産の若水100%の特別純米を頂きました。

DSC_2536.JPG

ラベルの青空のように澄んだ口当たり。

穏やかな旨味と静かな辛味とのバランスが良い一本です♪。

新宿三丁目・もと。

新宿三丁目のもとを久しぶりに訪問。

まずは萩の露のもとスペシャルから。

DSC_2523.JPG

もとグループ10周年記念だそうです。

DSC_2524.JPG

つまみはポテサラで。

DSC_2526.JPG

燗酒も美味いです。

DSC_2528.JPG

ちょっと熱めの燗は、石川県の春心

DSC_2529.JPG

とても良い感じです。

もとGもコロナの影響をまともに受けているようですね…。

モンブラン食べ比べ~ローソンvs馬場FLAT~

ローソンと馬場FLATのモンブランを食べ比べ。

DSC_2509.JPG

ローソンの方が濃い味で比較的甘いです。土台がボロボロになりますが、カップに入っているのでそんなに気にはなりません。

一方、馬場FLATは、栗の香りが残るクリーム。土台がスポンジというよりパン寄り。栗のクリームと馴染ませながら食べるには、鍛錬が必要かも(単に自分が不器用なだけかもしれませんが…。)

まあ、結論としては、どちらも美味しかったです。

日本橋・麦酒庵で沢山…。

日本橋本町の麦酒庵を初訪問。

ビールの店かと思いきや、充実した日本酒のラインナップに驚きです。

色々と勉強しましたが、一番面白かったのは、米のテロワール違い。

品種や蔵元・造りは同じで、米の産地だけの違いがどう風味に影響が出るのか。

DSC_2496.JPG

風味は課なり異なりましたが、米のできがどうなのかは良くわかりませんでした。

が、ストーリーを語る上では、産地は大事ですね。

こちらは燗酒も絶妙な温度で出して頂けます♫。

DSC_2497.JPG

この他を含め、全く覚えてないほど沢山頂きました。

中々良いお店です。又機会があれば(^_^)。

おでんと酒 つみれや。

おでんと酒 つみれやを初訪問。

ちょっとわかりにくい裏路地にある小さなお店。

DSC_2482.JPG

石巻の墨廼江からスタート。

おでんは王道の味。

DSC_2483.JPG

仙台麩のおでんは、味がしみこんでたまらなく美味いです。

DSC_2486.JPG

2本目は岩手・喜久盛酒造のシャムロック。

DSC_2484.JPG

個々の蔵元は遊び心満載ですね。

〆は白河温麺。

DSC_2488.JPG

短時間でしたが、十分楽しめました♫。

いな穂のせりしゃぶ♪♪♪。

昨シーズンは名取の三浦さんのせりが食べられなかったので、リベンジ。

DSC_2472.JPG

お通しから酒がどんどん進みます。

DSC_2473.JPG

下仁田ねぎも甘くて美味い♪

DSC_2474.JPG

いよいよせりしゃぶへ。

DSC_2478.JPG

根っこが美味いんですよね。

DSC_2479.JPG


裏水鳥記は初めて頂きましたが、結構好きかも。

DSC_2475.JPG

楽しい一時でした♫。

大曲駅。

秋田新幹線の大曲駅。

駅前には花火のモニュメントが。

DSC_2456.JPG

夏の花火は迫力がすごいのでしょうね。

DSC_2457.JPG

その一方で、駅前は殺風景。

DSC_2453.JPG

ある意味、良くある地方駅です。

奥羽本線と田沢湖線とが接続する駅でもあるので、

線路幅が微妙に違う在来線が混在。

DSC_2459.JPG

新幹線ホームでは、在来線も同じホームに入線してきます。

DSC_2461.JPG

中々他では見られない光景ですね。

六舟の蔵、刈穂酒造。

秋田は名酒が多いですが、

きれいな山廃酒を醸す刈穂酒造を訪問。

DSC_2452.JPG

吟醸酒、純米吟醸酒の銘柄の一つである『六舟』は、蔵にある上槽のための舟からとられたものであることを初めてしりました。


DSC_2450.JPG

DSC_2451.JPG

六槽も並ぶと圧巻の光景です。

HNDからAXTへ。

羽田空港から秋田空港へ。

DSC_2446.JPG

国内線は欠航が多くなっていて、飛行機も小さくなっているので結構満席が多くなっています。


DSC_2447.JPG

秋田空港では秋田犬となまはげがお出迎え。

花園神社の一の酉。

新宿・花園神社の一の酉へ。

雨&コロナということもあり、人でもまばら。

DSC_2442.JPG


熊手を扱う以外の屋台は一切出ていませんでしたが、


それでも、熊手は飛ぶように売れていました。

フレホシーサーちゃん。


泡盛のフレーバーをわかりやすく示したフレーバーホイール。

そのゆるキャラがいたようです。

IMG_20201103_000836_239.jpg

フレーバーホイールに親近感を覚えるようになるのかな???


島田酒店の地下セラー。

阿波座の島田酒店で、一癖あるお酒を堪能。

DSC_2433.JPG

店主の解説を聞きつつ、啓山寺味噌を舐めながら5種類を楽しみました。

一番古いものは1986年醸造。

意外と軽やかな風味でありました。


〆の巴うどん。

一日の〆はあべのハルカスのお膝元の巴うどん

DSC_2418.JPG

大阪らしい雰囲気のお店です。


DSC_2419.JPG

いつの間にか犬が店番をするようになっていました。


DSC_2420.JPG


アテは、だし巻き玉子から。

明太子がたっぷり入っています♪。

DSC_2421.JPG

お酒は大治郎と姿。いずれもしっかりとしたお酒です。

DSC_2425.JPG

〆のきつねうどんは、出汁が最高。

麺もしっかりしています♪。

ちなみに、コロナ対策なのか、ビリヤード台が少なくなっていて、かえって人が入るようになっていました(^_^)。

また、ジオラマもパワーアップしているような…。


DSC_2422.JPG