射美・グリーン。

ちょっと前の射美

DSC_2146.JPG

美味しすぎて飲み過ぎました…。

あっという間に、残りわずか…(>_<)。

太閤でじっくり2酒。

頑張って営業継続中の太閤で2酒。

まずは、津島屋外伝。

吟風+ワイン酵母の一本。

DSC_2139.JPG

DSC_2140.JPG

長らくワイン酵母を活用したお酒造りをやってきただけあって、

安定感すら感じます。

DSC_2142.JPG

だし巻き玉子も良い♪

で、2本目は裏不動。

DSC_2143.JPG

薄濁りタイプです。

絶妙なバランスですが、個人的にはもうちょっとしつこくても良いかな、と。

嗜好、の問題ですけどね。

金婚・貴醸酒。

東村山の蔵元・豊島屋酒造

屋守や金婚を醸す蔵元ですが、

今回は金婚の貴醸酒。


DSC_2133.JPG

DSC_2134.JPG

留添の水を日本酒に替えて仕込んでいて、

濃厚・甘口のとろりとしたお酒になっています。

夏バテ対策にも効果的なエキスが一杯詰まっていそうです(勝手な妄想・・・)。

J-WAVE NIHONMONO LOUNGE。

高輪ゲートウエイ駅そばの高輪ゲートウエイフェストで開催中のJ-WAVE NIHONMONO LOUNGEへ。

DSC_2121.JPG

DSC_2123.JPG

中田英寿氏が親しい蔵元やレストランの逸品が集められた、期間限定のラウンジです。

DSC_2124.JPG

密にならないよう広々と座席がしつらえてあり、

天井も高くて室内ですが開放的な空間。

DSC_2130.JPG

この週は、茨城県のお酒特集。

DSC_2125.JPG

地域による味わいの違いも想像しながら楽しみました。

DSC_2126.JPG

DSC_2128.JPG

期間限定、と言うのが少し残念ですが、

そのくらいが丁度良いのかもしれません…。

未来日本酒店& SAKE BARで嗜好診断。

渋谷パルコ地下1階の未来日本酒店&SAKE BARを初訪問。

AIを活用した嗜好診断ではビュンビュンタイプと出たので、久保田の千壽を頂きました。

DSC_2108.JPG

個人的には意外な結果でしたが、色々、飲ませる工夫をしているんですね。

で、

フランス産の清酒・WAKAZEが2種類あったので、こちらも頂きました。

DSC_2109.JPG

新しい解釈の清酒ですね♪。

DSC_2110.JPG

射美・ピンク。

岐阜・大野の銘酒、射美の特別純米(ピンク・26BY)。

DSC_2069.JPG

うっかり5年ほど寝かせてしまいましたが、

フレッシュさはそのままに、少し円やかさが出てきたような印象。

DSC_2072.JPG

蔵元のお人柄がうかがえるようなお酒です♪。

山田町名物・たけなわのマーボーカレー。

岩手・山田町は美味しい魚介を楽しめるところですが、

隠れた名物、のマーボーカレー。

DSC_2065.JPG

とろみたっぷりの麻婆豆腐にカレーのアクセントが効いた一杯。

相当のボリュームです。

ちなみに、

ここはマーボーカレーも名物ですが、

何かと絡んでくる女将さんも名物のようです・・・(^_^)。

気仙沼内湾地区。

気仙沼内湾地区にできた、迎(ムカエル)、創(ウマレル)、拓(ヒラケル)、結(ユワエル)。

DSC_2048.JPG

比較的統一感のある建物が新しい内湾地区の顔になりました。

DSC_2050.JPG

気仙沼大島と結んでいたフェリーは現役を引退し、次の活躍の場所が決まるまでしばし休憩中。

DSC_2049.JPG

コロナが収まった後、朝ドラの追い風も受けて人が集まってくることが期待されます。

夜の双葉駅&大野駅。

最終のひたちで東京へ。

夜の双葉駅は誰も乗らず…。

DSC_2035.JPG

同様に大野駅でも誰も乗らず…。

DSC_2046.JPG

DSC_2045.JPG

普通に人が戻ってくるのはいつの日か…。

常磐線原ノ町駅。

常磐線原ノ町駅から最終のひたちで東京へ。

DSC_2028.JPG


DSC_2026.JPG

今年の野馬追いは神事のみで終わったようですが、

来年は駆け合いが見られると良いですね♪。

DSC_2027.JPG

震災遺構?になる野田村・下安家の仮設住宅。

野田村の下安家地区に残されている仮設住宅。

DSC_2007.JPG

津波被害に遭われた方が一時暮らしていた場所です。

野田村ではこれを「震災遺構」として整備することを検討中とか。

宿泊もできるようにして、仮設暮らしを追体験する、と言うことでしょうか?

同じ県内の陸前高田でも同様の整備を考えている箇所があるようです。

久慈市情報交流センター YOMUNOSU。

JRの久慈駅の近く(もちろん三鉄久慈駅の近くでもありますが…)にできた情報交流センターYOMUNOSU

今年7月にオープンしたばかりの、市立図書館と観光交流センター等が併設された建物です。

DSC_1994.JPG

DSC_1998.JPG

DSC_1995.JPG

DSC_2000.JPG

DSC_2002.JPG

DSC_2001.JPG

DSC_2003.JPG

1階ではあまちゃんの名場面のイラストや、実際に使われたという衣装やジオラマなどなど、

あまちゃんを懐かしむことのできる空間になっています。


らーめんの千草のカツらーめん。

久慈の有名ラーメン店、らーめんの千草

あっさりスープに、細い縮れ麺が特徴ですが、

今回は、名物の一つ、カツらーめん。

DSC_1993.JPG

とんかつが一枚どーんと乗っかっていますが、

衣が薄めで、スープの中でもふにゃふにゃにならず、さくさくの食感のまま楽しめます。

あっさりとしたラーメンにこれでもか!というインパクトで、意外に良いバランスの一杯でした♪。

大洗・たけちゃんで新鮮な魚介を堪能。


大洗の中でも那珂湊の方に近いたけちゃん


DSC_1979.JPG

田んぼに囲まれ、近所に店はほとんどない場所にひっそりと佇んでいます。

DSC_1970.JPG

玄関では役人(^_^)がお出迎え。

お酒のラインナップはそれほどでも・・・ですが、新鮮な魚介類はさすが。

DSC_1973.JPG

DSC_1976.JPG

旬のほっき・はまぐりも頂けて大満足。

DSC_1977.JPG

地元の皆さんに愛されていそうな名店です。

ちなみに、大洗からアプローチすると、途中のココスには戦車が。

DSC_1967.JPG

さすが聖地のココスです。

勢いのある八戸。

東北各地(特に太平洋沿岸)で、苦しい状況が続く中、

八戸だけは、活気がある感じがします。

DSC_1954.JPG

新しいマンションが中心部にどんどん建設されていますし、

くつろぐスペースがそこかしこにあるので、人が集まってきます。


DSC_1963.JPG

そして、なんと言っても美人が多いらしい・・・(^^)。

DSC_1953.JPG

八戸キャニオン。

日本で一番低い土地がある八戸キャニオン

DSC_1951.JPG

露天掘りで石灰石を採っている鉱山です。

DSC_1949.JPG

かなり遠くからの長めになりますが、それでも規模が良くわかります。

DSC_1952.JPG

ここで採れた石灰石はベルトコンベアで港まで地下を通って行くみたいです。

青森駅改装中。

青森駅。

昭和な雰囲気をのこす駅ですが、

新たな通路の建設が始まっています。

DSC_1940.JPG

夜行列車も来ないし、連絡船もないし…。

DSC_1939.JPG

昭和は遠くなりにけり・・・。

ちなみに、

新青森駅の吉幾三氏はマスクを着用してました。

DSC_1944.JPG

定宿?の旅籠で4酒。

定禅寺通り・旅籠で4酒。

DSC_1925.JPG

店内も閑散としていましたが、

窓から見える定禅寺通りの人気のなさが異常な感じ。

DSC_1928.JPG

やむを得ないとはいえ、寂しい限りです。

今年のページェントは実施できるのかなぁ…。

双葉町・中野地区。

工業団地として整備が進む双葉町・中野地区。

DSC_1907.JPG

インキュベーション施設ができていたり、伝承館が建屋はほぼ完成していたりと

この辺りの風景も随分変わりました。

DSC_1906.JPG

DSC_1908.JPG

もっとも、

反対方向を振り返ると1Fが見えたり、中間貯蔵施設があったりするので、

バラ色とばかりはいきませんが・・・。

リニューアルした常磐線・双葉駅。

常磐線の双葉駅。

DSC_1898.JPG

DSC_1893.JPG
DSC_1894.JPG

帰還困難区域の中にありますが、今年3月の常磐線全線開通に合わせて、駅周辺だけは立ち入り制限が解除されています。

DSC_1896.JPG

とはいうものの、駅を利用する方はかなり限られているようで、

駅前も綺麗になりましたが、寂しいまま…。

DSC_1897.JPG

賑わいが戻るのは今しばらくかかりそうです。

夜の矢本駅。

夜の矢本駅。

矢本駅周辺で一杯飲んだ後に帰路へ。

DSC_1851.JPG

予想以上に静かな夜の駅です。

DSC_1852.JPG

仙台までは1時間足らず。

DSC_1853.JPG

寝過ごす恐れもないので、安心♪。

宮城ゆりあげ麦酒醸造所。

閖上の区画整理地区にオープンした宮城ゆりあげ麦酒醸造所

DSC_1850.JPG

元々、少し南の亘理町の鳥の海のそばにあったブリューワリーだったようですが、先の震災で被害に遭い、一時期、岩手・花巻で再建したようですが、震災後9年経ち、宮城に戻ってきたとのこと。

DSC_1857.JPG

まだまだ本格稼働、と言うにはほど遠いですし、戻ってくるなりのコロナ禍で大変だとは思いますが、頑張って欲しいです。

Tokyo Sake Festival 2020@新宿住友ビル三角広場。

新宿住友ビル三角広場で今日から開催中のTokyo Sake Festival 2020をちょっと覗いて来ました。

DSC_2097.JPG


ステージ上では水曜どうでしょうのディレクター・プロデューサーの2人が、酒を楽しみながら自由に
トーク。

途中から酔っ払いおじさんの放談になっていたような…(^^;)。


コロナの影響でガラガラでしたが、のんびりマイペースでお酒を味わうことができました♪。

サフィール踊り子。

今年デビューしたサフィール踊り子。

DSC03709.JPG

本来であれば、夏休みで大人気、のはずですが、前日でも席が取れたので、ちょっくら熱海まで行ってきました。

DSC03717.JPG

DSC03718.JPG

車内は、まだ、新車の匂いがします。

そして、広い窓に、空を見上げることができる小窓も。

DSC03731.JPG

運転席も開放的。見晴らしも抜群です。

DSC03741.JPG

熱海まで1時間半弱くらいで到着。

DSC03746.JPG

時間は少しかかりましたが、快適な旅でした♪。

『日本ワインの図鑑』。


日本ワインのお勉強、再び。


日本ワインの図鑑 - 日本のワインを愛する会
日本ワインの図鑑 - 日本のワインを愛する会


お酒を分け隔てなく楽しまないと、

ということで、ワインのお勉強をしていますが、

一般向けの本には書いていない色々な過程がワイン醸造にはありそうで、

未だに、全体像を理解できていません。

奥が深いなぁ…。


と、それはともかく、日本ワインも、様々なバリエーションが出てきたのですね。

日本酒・焼酎・泡盛・ウイスキーの在庫がある程度落ち着いたら、チャレンジしてみようかなぁ…。

『アニメ聖地巡礼の観光社会学』。


アニメの聖地巡礼について学習。

アニメ聖地巡礼の観光社会学: コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 - 岡本 健
アニメ聖地巡礼の観光社会学: コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析 - 岡本 健

らき☆すたとかあの花とかガルパンとか君の名はとか、アニメの聖地巡礼はすっかり定着した感がありますが、

その聖地巡礼について、しっかりと学問的に検証した一冊。


当たり前のように聖地の情報がネット上で公開?されていますが、

「開拓」する人がいると言うことをすっかり忘れていました。


観光のあり方を、問い直す、

というか、

観光の本質を暴き出す、

と言う意味では、アニメの聖地巡礼っていうのは、良い題材なのかもしれませんね。