櫛引八幡宮の国宝・重要文化財。

八戸の中心市街地から20分ほどバスで行ったところにある櫛引八幡宮へ。

2つの国宝の鎧が納められているお社です。


DSC_1376.JPG

重要文化財の正門をくぐり、拝殿の横を抜けていくと、これもまた重要文化財の本殿へ。

DSC_1383.JPG

ぐるっと回って反対側には春日社。こちらも小さいお社ですが、重要文化財です。

DSC_1384.JPG

大絵馬は黄色で何だか幸せになれそう。

DSC_1373.JPG

国宝の赤糸威鎧と白糸威褄取鎧が保管されている国宝館はコンクリート造りの建物。

DSC_1379.JPG

残念ながら左心撮影禁止でしたが、鎌倉時代・南北朝時代の装飾性の高い鎧兜をじっくりと鑑賞することが出来ます。

写真ではわからない細かい装飾に驚嘆しました。

DSC_1380.JPG

境内には明治記念館も。

どこぞの結婚式場とは随分趣は違うようです。

雪のない青森。

2ヶ月ぶりに青森へ。

DSC_1362.JPG

11月末の時も雪が無かったですが、1月末も全く積もっていません。

DSC_1367.JPG

歩くのは楽ですが…。

DSC_1366.JPG

色々不安になります。この気候。

いな穂のせりしゃぶ(三浦農園ではない…)。


今シーズンもいな穂に来ることができました♪。

まずは宮寒梅のしぼりたてうすにごり。

DSC_1344.JPG

若々しいフレッシュな風味。

炭酸のピチピチ感も程よく残っていて最高です。

おつまみはほっきの汐焼。

DSC_1347.JPG

肝の辺りがたまらなく美味いです。

萩の鶴はこたつねこラベルで。

DSC_1349.JPG

こたつに入ってテレビを見ながらだらだら飲みたくなる一本。

志波姫豚の串焼きは初めて。

DSC_1352.JPG

罪悪感たっぷりのあぶらがたまりません。

三角揚のピザも軽くて良い感じ。

DSC_1354.JPG

3本目は、伯楽星。こちらもフレッシュなタイプ。

DSC_1357.JPG

ですが、落ち着いた感じです。

で、主役のせりしゃぶ。

DSC_1356.JPG

昨秋の台風の影響で、三浦農園のせりの入荷は2月に入ってからとのこと。

でも、

十分美味しいせりでした。

DSC_1355.JPG

根っこも丁寧に洗ってくれているので、美味しく頂けます♪。

今晩も、ごちそうさまでした。

一番飯店再訪。

休みを一日もらったので、

手塚治虫先生の足跡をたどってみました。


まずは、高田馬場の一番飯店を久しぶりに訪問。

チャーハンとタンメンで迷いましたが、今日はチャーハンで。

DSC_1339.JPG

シンプルながら、後を引きそうな味わい。

にんじん、がポイントかな(^^)。

『理由ある反抗』。


親業の概説書で、『親業』を復習。

理由ある反抗―子どものホンネを見のがさないために
理由ある反抗―子どものホンネを見のがさないために

内容はほとんど『親業』のまま。

具体例が日本の場合が入ったりしていますが、

基本的な構造は踏襲しています。

筆者は、日本における「親業」の権威。

Parent Effectiveness Trainingの訳が「親業」としたことは、

当時は、かなりのインパクトだったとは思いますけど、

中長期的に見ると、ちょっと守備範囲を狭めちゃったような気もします。

春鴬囀・生酒原酒。

山梨の萬屋醸造の春鶯囀の生酒。

DSC_1315.JPG

春鶯囀のお酒というと、落ち着いたどっしりしたイメージが強いのですが、

生酒と言うこともあって、すこし艶やかな感じのお酒でした。

DSC_1316.JPG

燗酒でもまあまあイケました♪。

雪の積もる盛岡・盛楼閣で温麺。

仙台から盛岡に移動してランチ。

DSC_1280.JPG

定番の盛楼閣の温麺は、やはり冬に限ります。

市内は、仙台とは比べものにならないほど雪が積もっていて、寒いです。

DSC_1281.JPG

盛岡城跡公園のお堀は凍っていました。

DSC_1282.JPG

マリオスからの眺めも中々のもの。

DSC_1284.JPG

岩手山が見えたら最高だったでしょうね。

仙台に比べて圧倒的に寒くて雪も多かった盛岡ですが、

展望台から見える雫石などのスキー場の雪の少なさが気になりました。

仙台の初雪。

この冬は昨シーズンにも増して暖冬傾向が強まっていて、

仙台で初雪が降ったのが1月8日だったそうです。

DSC_1274.JPG

県庁の展望台から市内をぱちり。雪が降っていたようですが、雨が降ってきてほとんど溶けかかっています。

DSC_1275.JPG

ちなみに、駅では、東北地方の観光スポットを体感できるコーナーもできていました。

DSC_1277.JPG

まあ、体感すると言っても音と足下の振動だけですが…。

立石・栄寿司。

東京人ながら訪れたことが無かった(京成)立石駅前の栄寿司

念願叶って初訪問です。

DSC_1251.JPG

店内撮影禁止とのことなので、外観だけ。

平日の昼間なので、そんなに並びませんでした♪

赤貝、ほっき貝、昆布〆たい、昆布〆平目、はまぐり、コハダ、金目鯛、なまこ、穴子を2貫ずつ計18貫で4,020円也。

リーズナブルに新鮮なネタを楽しめます。

中でも、こはだは別格。

こんなに脂ののったコハダを頂いたのは初めてです♪。

ちなみに、駅では、プラレールの特設コーナーが設置されていました。

DSC_1253.JPG

『男はつらいよ』からの柴又紀行。


昨年末から『男はつらいよ』の最新作、「お帰り、寅さん」が上映されています。

元・寅さんファンクラブの一員としてしっかりと鑑賞してまいりました。

満男が主人公的なストーリーの流れでしたが、これまでの49作の回想シーンも盛りだくさん。

期待以上の映画でありました。

で、

となると聖地巡礼もしたくなるもので、

その足で柴又へ。

DSC_1257.JPG

京成の電車は私と同い年…。

DSC_1264.JPG

駅前では寅さんの像に加え、見送るさくらの像も設置されていました。

DSC_1263.JPG

他方、駅前の、雑多な(失礼・・・)商店が撤去されていたのは時代の流れを感じます。

帝釈天は平日の昼間にもかかわらず大変な賑わい。

DSC_1259.JPG

正月の雰囲気がまだ残る境内でした。

DSC_1260.JPG

駅には、寅さん50作をたどることができる路線図もありました。

DSC_1265.JPG

八高線紀行。

八王子に所用があり久しぶりに行ったついでに八高線で川越経由で都心へ。

DSC_1246.JPG

八王子の一番線から出発。


途中、拝島駅では関東では珍しいタイプのホームドアに遭遇。

DSC_1248.JPG

高麗川では高崎方面に向かう気動車が待機中。

DSC_1249.JPG

一時間あまりの小旅行を楽しみました。

千代むすび強力純米大吟醸&鳴門鯛阿波山田錦純米吟醸。

正月休みのアディショナルタイム。

昼間からお酒をたしなみました。

鳴門鯛の純米吟醸。

DSC_1241.JPG

味わいしっかり乃美味しい一本。

千代むすび強力純米大吟醸は、優しい口当たりに広がる香り、最後にグッとくる旨味。

DSC_1243.JPG

強力のお酒はやっぱり好きです。

個人的には、多分、雄町以上…。



生徒会長の誕生祭?


大洗女子学園の(元)生徒会長、角谷杏さんの誕生祭の名残が商店街の中に飾られています。

DSC03370.JPG

生徒会チームが三人そろい踏みです。

味の店たかはしのみつだんご。

大洗のスイーツと言えば、味の店たかはしのみつだんご。

DSC03372.JPG

中々お目にかかることができませんでしたが、ようやく食べることができました♪。

DSC_1226.JPG

注文を受けてから、柔らかい団子にみたらしのあんをかけてきなこを振ってくれるので、いつも出来たてほやほや。

素朴な味でとても食べやすく、何個でも行けちゃいそう…(^^)。

人気が出るのも納得の一皿です。

大洗磯前神社の初詣。

大洗磯前神社に参拝。

DSC03329.JPG

油断していましたが、かなりの人出です。

DSC03326.JPG

境内には絵馬が二つ。

一つはオーソドックスな大洗の風景を切り取ったかのような絵馬。

DSC03322.JPG

もう一方は・・・。

DSC03324.JPG

第3話はいつ放映されるのでしょうね???


海の中で洗われている鳥居も健在。

DSC03352.JPG

荒々しい風景です。

茨城鉄道紀行。

3が日最終日は、茨城県内の鉄道を巡る一人旅。

まずはTXつくばエクスプレスで守谷まで。

DSC03257.JPG

守谷から関東鉄道常総線で水海道まで行き、乗り換えて下館まで。

DSC03293.JPG

DSC03294.JPG

下館駅では真岡鐵道が停車中(乗ってません)。

DSC03303.JPG

下館駅前には百貨店跡地?に入ったような筑西市役所があります。

DSC03306.JPG

石巻市役所よりも規模が大きい印象ですが、人口は石巻の方が多かったかな?

DSC03304.JPG

下館から友部までは水戸線で移動。

DSC03308.JPG

友部から水戸まで常磐線、その後、葛西臨海鉄道大洗鹿島線で大洗まで。

DSC03314.JPG

高規格の直線が気持ち良いです。

DSC03317.JPG

活きは新型、帰りは旧型でした。

DSC03377.JPG


都合8時間、程よい疲れの残る小旅行でありました♪。

ぴょんぴょん舎のユッケジャン辛温麺。

正月早々ではありますが、

ぴょんぴょん舎へ。

盛楼閣で目覚めて以来、冷麺のみならず温麺が気になっている今日この頃。

ぴょんぴょん舎の温麺は初めましてです。

DSC_1223.JPG

ユッケジャンの辛さはありますが、野菜と肉の旨味がしっかり溶け込んだスープは、辛味よりも旨味を感じます。

麺は冷麺よりも少し細めかな?

ごちそうさまです。


魚でやるなら日高見だっちゃ。

石巻の日高見

蔵元で買ってきた純米酒はラベルの通り魚によく合います。

DSC_1214.JPG

焼き魚が美味しそうかな?とは思いましたが、今回はマグロの刺身で。

マグロの脂をスッキリ流してくれる美味しい一本です。

2019年最後の太閤。

12月30日に2019年最後となる太閤訪問。

リニューアル後は初めて伺いました。

DSC_1199.JPG

スタートは岐阜のお酒2酒。

DSC_1203.JPG

牡蠣1ヶ100円(12個で1000円)なので、生牡蠣をたっぷりと。

DSC_1207.JPG

高知の豊能梅と千葉の総乃寒菊も良い感じでした。

DSC_1211.JPG

お陰様で2019年も1年を無事締めることができました♪。