『驚くべき日本美術』。


美術史家(というだけではその活躍の場を表しきれませんが…)の山下裕二氏が、日本美術をどう評価しているのかを対談を通じてわかりやすく解説した一冊。

ジャーゴン多用に陥ること無く、平易に解いてくれているので読みやすいです。

驚くべき日本美術 (知のトレッキング叢書)
驚くべき日本美術 (知のトレッキング叢書)

本書にも記述がありますが、

西洋美術史における高階秀爾氏のような存在が日本美術史においていなかったことが、

現代の日本美術にある意味不幸だったということは、全くその通りだと思います。

山下裕二氏がその先駆けとなってくれることを期待しつつ・・・。

まあ、

何はともあれ、面白い本でした♪。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント