高田馬場・秀永で中華飯。

高田馬場・秀永を再々訪。

今回は中華飯に挑戦。

DSC_0495.JPG

何だかやべぇんじゃないかと思うほど、甘味というか旨味がたっぷり。

ちなみに、炒飯は塩見たっぷりでした(^_^;)。

大塚国際美術館。

昨年の紅白歌合戦で米津玄師氏がLemonを歌った大塚国際美術館。

DSC_0471.JPG

DSC02174.JPG

古代から現代までの名作を陶板で作成した作品が、広々とした館内・屋外に展示されています。

DSC02328.JPG

DSC02307.JPG

DSC02305.JPG

DSC02288.JPG

DSC02290.JPG



DSC02240.JPG

DSC02226.JPG

DSC02200.JPG

DSC02344.JPG

DSC02376.JPG

DSC02382.JPG

同時に見ることが不可能な作品をあえて並べてみたり、

室内展示では無く屋外に出して雰囲気を変えてみたりと見せ方の工夫もなされていて楽しく鑑賞することが出来ます。

実際の作品のサイズ感を疑似体験できるのも良いですね♪。

阿波池田から剣山で徳島へ。

DSC02108.JPG

阿波池田駅は、徳島の山間部の中心。

DSC02130.JPG

駅前商店街も立派です(開いているかどうかはともかく)。

DSC02129.JPG

ホームには奇橋かずら橋のミニチュアも。

DSC02123.JPG

特急剣山は国鉄時代の車両。

DSC02106.JPG

DSC02112.JPG

昭和製造のはずですが、意外にも内装・外装ともに綺麗でした。

高知から南風で阿波池田まで。

高知駅から南風で阿波池田まで移動。

DSC02086.JPG

高知駅構内には、酔っ払いの神様?が。

DSC02087.JPG

それにつれられついつい朝から一杯。

DSC_0458.JPG

パンはUFOに見えますが、あくまでも帽子パンです。

DSC_0452.JPG

今日も振り子列車。

DSC02102.JPG

酔いが早く回ります。

で、小一時間で阿波池田に到着しました。

DSC02109.JPG

餃子の安兵衛。

高知名物、屋台餃子の安兵衛を十数年ぶりに訪問。

DSC_0445.JPG

以前にも増してメジャーなスポットになったようで、

数十分待ちの大行列。

DSC_0447.JPG

とはいえ、回転は速いので、待ち時間はそれほどでもありません。

DSC_0449.JPG

ぱりぱりの餃子の旨さは、クセになります。

藤のやで鰹&うつぼのたたき。

はりまや橋そばの藤のやで夕食。

DSC_0414.JPG

お通しはくじらのさえずり。

DSC_0416.JPG

脂たっぷりで美味いです。

こちらの名物、無農薬のわらで炙られたタタキの香ばしさがたまりません。

塩で食べるとその香りが更に引き立ちます。

DSC_0425.JPG


うつぼはポン酢で。
こちらも箸が止まりません。

DSC_0429.JPG

当然、お酒もどんどん進むと言うことで…。

DSC_0431.JPG

高知の地酒らしい、キリッとした辛口でした。

土佐くろしお鉄道ごめんなはり線。

高知駅から土讃線経由土佐くろしお鉄道ごめんなはり線の後免町へ。

DSC02008.JPG

土讃線・ごめんなはり線後免駅までは土讃線各駅停車と連結した状態。

後免駅から一駅の後免町駅は、ありがとう駅の愛称がついています。

DSC02011.JPG

DSC02010.JPG

キャラクターのごめんまちこさんが出迎えてくれます。

DSC02014.JPG

アンパンマン特急、その3。

土佐くろしお鉄道中村駅から土讃線高知駅までアンパンマン特急のあしずりで移動。

DSC01989.JPG

DSC01988.JPG

やっぱり車酔い状態になりました(^_^;)。

DSC01999.JPG

高知駅はアンパンマン推しの強さがハンパないです。