『3.11霊性に抱かれて』。


近親者をなくした被災者がどのようにして現実を受け止め、

明日への一歩を踏み出していくのかについて、

いくつかの事例を紹介しながら追っています。





阪神やその他の災害との違いがあるのか、ないのか、

色々と考えるきっかけになりそうな一冊です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック